河合塾グループ 河合塾
  1. 大学検索トップ
  2. 金沢大学
  3. 大学からのお知らせ
  4. 大学情報CloseUp
かなざわ

金沢大学

  • 大学HP

大学情報CloseUp

金沢大学 融合学域先導学類

文理融合の知識を基に社会変革をリードし、
地域と日本に貢献する人材を育成する

IoT、ビッグデータ、AIなどが身近なものとなり、日本そして世界を取り巻く環境が大きく変化しようとしています。
そうした「21世紀の時代を切り拓き、世界の平和と人類の持続的発展に資する」ため、金沢大学は2021年4月、新たに融合学域先導学類を設置します。

自分を変える、未来も変える

あらゆる意味で社会が変容し、従来の知識、制度、方法等では、国力の維持や強化に耐えられなくなりつつあります。多様な脅威にさらされるこれからの社会では、“社会変革を先導するリーダー”となる人材が不可欠です。そこで先導学類では、自己の鍛錬を続けて人・科学・社会の変革を先導する意欲を持つ人材を育成します。社会の要請に応えるため、人文・社会・自然等の科学分野を往還し、融合的な学知と他者との共創を通じて、各界で未踏の科学技術イノベーションを創成し、社会変革を先導する人材の養成を目指しています。

求める人材

・様々な分野の知識を学び、それらを統合して課題発見・解決を率先したい人

・多様な制度・慣習等に知的関心を有し、より良い未来社会づくりに貢献したい人

・最先端の学知を融合し、社会変革に資する新たなモデル創成に挑戦したい人

教員メッセージ 尾島 恭子先生
融合学域先導学類 教授

異分野融合の実践的な学びで、新しい社会と未来を創っていこう

社会は複雑化、多様化が進み、今後はこれまでとまったく違うものになるでしょう。融合学域先導学類では、文・理・医薬保健系の総合大学の強みを活かした異分野融合型の学びによって、変化する社会を生きるために必要な新しい力を培いたいと考えています。カリキュラムは課題発見から始まり、必要に応じて様々な分野を学び、実際に社会でアウトプットまで行います。そのために多彩なプロジェクトや国内外でのインターンシップ等を用意し、履修にあたっては一人ひとりに最適な科目を選択できるよう、手厚い履修指導も行います。この学類が目指すのは、新しいものを自分たちの手で作り上げていくマインドを持った人材を育てること。与えられるものに満足するのではなく、「何かを変えたい」「チャレンジしたい」と思う皆さんの入学を待っています。

ページの先頭へ

融合学域先導学類の学びの特長

STEP1 柔軟に学ぼう!

柔軟に学べる文理融合エリアで、専門知識を身につける

自らの志向にあわせて、最新知見や科学技術を広く深く学ぶことができます。

STEP2 社会へ飛び出し、実践しよう!

多様な人・価値観に触れながら未来課題に取り組み、人間力と実践力を高める

2年次以降は、産業界と連携したアントレプレナーインターンシップや、海外実践留学、国際インターンシップなどを必修とし、実際に社会に出て多様な人や価値観に触れ、恐れることなく困難に立ち向かえる能力・体力・人間力を鍛えます。
3年次半ばからは、現実社会及び未来の課題について実証実験や社会実装プロジェクト等を立ち上げるなど、一歩進んだ取り組みができます。それまでに身につけた知見を連携・融合させ、教員や学外者と協働し、自ら設定した課題の解決に挑み、より実践的に学べます。

アントレプレナーインターンシップ

産業界と連携し、学内外で起業家精神や実践手法を学びます。

プロジェクト実践型演習

自らが設定した未来課題とその解決策について、より実践的なものとして深化させます。

CHECK! 海外渡航は全員必須!
最新の知見と多様な価値観が身に付けられます。

融合学域先導学類の学生は全員、短期の海外実践留学か国際インターンシップのいずれかへの参加を必須としています。海外への渡航経験を通して、海外で取り組まれている最新の知見や、文化や価値観の違う他者との共創を学び、国際感覚を磨けます。

金沢大学の海外ネットワーク

ページの先頭へ

このページに関するお問い合わせ

大学・部署名 金沢大学 学務部融合学域設置推進室
Tel 076-264-5910
E-mail new-gakuiki@adm.kanazawa-u.ac.jp

入試問い合わせ先

  • 【担当部署】
    学生部入試課入学試験係
    【電話番号】
    076-264-5169・5177~9
    【所在地】
    金沢市角間町

デジタルパンフレット

(*「テレメール進学サイト」が提供している画面へ遷移します)

閉じる