河合塾グループ 河合塾
  1. 大学検索トップ
  2. 名桜大学
  3. 大学からのお知らせ
  4. 学部学科情報
めいおう

名桜大学

  • 大学HP

学部学科情報

※前年度情報を掲載中

国際学群

注目ポイント

国際学群では、入学後の2年間で教養教育科目を中心にさまざまな講義を受講することにより、将来を展望し自己の進路を見極め、幅広い6つの専攻から最も興味のある分野を主専攻として選択します。3年次からは選択した専攻に所属し、本格的に専攻分野について追究していきます。また、主専攻以外の他の専門分野にも関心がある場合には、副専攻(国際貢献・英語・ビジネスマネジメント・ネットワーク技術・システム開発・情報管理・デジタルコンテンツ・観光ビジネス・地域マネジメント)を選択し学びの幅をさらに広げることができます。

国際文化専攻

国際文化専攻では、沖縄、日本、アジア、中南米、国際協力の5つのコースを設け、これらの地域や分野における国際文化の理解と国際協力を担う人材の育成を教育の目標としています。沖縄コースと日本コースでは、沖縄文化や日本文化の継承発展を通して、沖縄本島北部地域の発展に貢献する人材の育成を目指します。アジアコースでは、経済発展が目覚ましい東アジア、歴史関係の深い東南アジアなどにおいて広域的な活躍ができる人材の育成を目指します。中南米コースでは、沖縄系移民の子孫が在住する南米地域の文化や歴史を中心に学習し、中南米の国々の文化について体験的、実践的な理解を目指します。国際協力コースでは、国際社会の現状や紛争、貧困などの課題について理解を深め、国際協力機関で活躍する人材の育成を目指します。

語学教育専攻

語学教育専攻では、教育者としての使命感を持ち、人間の成長・発達についての深い理解、児童・生徒に対する教育的愛情、教科等に関する専門的知識、広く豊かな教養を持つ英語教員、日本語教師を養成しています。そのため、教育に関する知識や技術を机上のみならず、教育現場での体験を通して身につけていくことを重視した実践的な教員養成プログラムを編成しています。卒業生は、英語力、日本語力を生かし、中学校・高等学校での英語教諭をはじめ、地方公務員や在外公館職員、国内外のNGOやNPO法人、民間企業など、幅広い分野で活躍しています。

経営専攻

経営専攻では、現代社会の多様化、多次元化する諸問題に対応したマネジメント力をもつ人材育成を目指しています。その特徴は5・forcesと呼ばれる5つの力です。教養、専門性と倫理性に基づく「優れた実践力」、生涯学習力をばねにした「組織運営力」、課題解決力を進化させる「自己検証力」、多様な考え方を調整し「統合する力」、さらに「数量的に分析し、評価する力」です。これらの5・forcesで、現在と将来のさまざまな課題や問題に対応し、多様な組織をより良くマネジメントできるマインドとスキルを身につけます。

情報システムズ専攻

情報化社会と企業経営の国際化に伴い、情報活用能力、経営センス、国際的視野や感覚を備え、さらにはシステム思考に優れ、問題解決ができる人材が求められています。それは、民間企業はもちろん、国や地方公共団体といった幅広い分野におよび、特に、中小企業の比率が高い沖縄では、このようなシステム思考をもった人材のニーズは高まりを見せ、文系、理系を問わずにさまざまな分野で必要とされています。情報システムズ専攻では、人工知能(AI)、ビックデータ解析、ネットワーク、データベース管理、コンピュータ・グラフィックス、Webアプリケーションなどの幅広い知識と技術が学べます。

診療情報管理専攻

診察情報管理士資格取得には高度な医学的専門知識が必要です。具体的には、診療録(カルテ)の内容精査と管理を行うライブラリー作業だけでなく、診療情報をデータベース化することによって、WHOが勧告する国際疾病分類(ICD)に基づくコーディング作業を行い、分析と解析を通して医療の質を保証し、医療ニーズの分析をします。診療情報管理士には医療の専門知識だけではなく、経営管理などの総合的なスキルが必要となるため、診療情報管理専攻では、医学的領域、診療情報管理領域、IT領域、経営領域の四つの専門領域を学びます。

観光産業専攻

観光産業は、歴史や文化をはじめ、健康や自然、交通・運輸、都市計画など、さまざまな要素を持つ裾野の広い産業です。近年、国際化や少子高齢化の進展、ライフスタイルの多様化などにより観光産業や観光振興の社会的ニーズが高まっています。観光産業専攻では、観光政策・ビジネス、環境・エコツーリズム、観光文化の3つのコースを設け、産官学連携のもと、生きた教材である「やんばる」と呼ばれる沖縄本島北部地域の自然の中での教育・研究活動を通して、観光産業を担う地域のリーダー、国際観光への方向性を戦略的にコーディネートする人材など、地域社会、国際社会に貢献できる実践能力を備えた人材を育成します。

名桜大学国際学群のサイトへ

ページの先頭へ

人間健康学部

注目ポイント

人間健康学部には、スポーツ健康学科と看護学科の2学科で構成されています。スポーツ健康学科では、人間理解、健康理解を基礎として食生活・栄養、運動・スポーツ、心理、社会福祉、保健・医療の幅広い視点に立った多面的角度から「スポーツと健康」を探求、究明します。看護学科では、地域に根差したケアリング文化を発掘し継承、発展させ人類の健康増進に務め、看護学のグローバルな発展に寄与することを目的に教育研究活動を推進します。

スポーツ健康学科

スポーツ健康学科には、スポーツと健康の2領域に関するコースがあり、「沖縄の自然環境を生かした地域社会の中で、ウェルネスの理念を基礎とした人間のこころとからだを一体としてとらえ、人間の健康を理解した健康支援人材を養成する」ことを目指します。スポーツ領域は、スポーツパフォーマンスの向上、アスリートの養成、ハイレベルな指導者を養成するため、必要なスポーツ科学やマネジメントを学び、科学的なスポーツ理論と実践を通じて専門知識を習得します。健康領域は、個々ならびに社会全体のウェルネスを向上させるため、健康科学理論と方法論を学習し、健康増進や疾病予防、健康長寿といった多角的な視点から健康を支援する人材を育成します。

看護学科

これからの時代、看護職は、市民と協働して健康を回復し、平和と希望の中で生きることができるように、市民の健康に生きる権利の擁護者として活躍することが期待されています。このような時代において、創造的に活躍できる自己教育力の高い看護専門職を育成するのが「参画型看護教育」です。看護学科では、「参画型看護教育」を教育課程に取り入れることを基本的な考え方としています。学生は、少人数のクラスワークやゼミ学習の中で、「自己との対話」「他者との対話」「地域社会との対話」を通して、自ら学ぶ主体として成長していくための参画力を身につけていきます。

名桜大学人間健康学部のサイトへ

ページの先頭へ

このページに関するお問い合わせ

大学・部署名 名桜大学 入試・広報課
Tel 0980-51-1056

入試問い合わせ先

  • 【担当部署】
    教務部入試・広報課入試・広報係
    【電話番号】
    0980-51-1056
    【所在地】
    沖縄県名護市字為又1220-1
  • 名桜大学資料請求

デジタルパンフレット

(*「テレメール進学サイト」が提供している画面へ遷移します)

閉じる