私立

文教大学

大学情報CloseUp

文教大学 教育学部

子どもの学びをつなぎ、子どもの未来を拓く教育者を育成する

10,000人以上の「先生」を育ててきた伝統校に新課程誕生!

文教大学は、1969年に日本の私立大学として初めて教員養成を目的とする教育学部を設置し、以来50年間、10,000人以上の「先生」を世に送り出してきました。現在、教育の現場では、多様な個性が生かされる教育の実現、そして自己肯定感を高め、自らの手で未来を切り拓く子どもを育む教育の実現をめざし、様々な取り組みが行われています。教員養成機関に対しても、多様化する子どもの個性や発達プロセスを考慮しながら、個に応じた指導ができる教員の養成が求められていることを受け、文教大学教育学部では、2020年4月、新たに「発達教育課程」を開設することになりました。

学びをつなぐ「発達教育課程」(2020年4月開設)

未来を見据えた「子どもの学びをつなぎ、子どもの未来を拓く教育者を育成する」という目標のもと、発達教育課程では特に、校種間連携や特別支援教育など、教育現場に山積する様々な今日的課題にも正面から向き合うことのできる人材を育成します。子どもの発達段階や特性に応じた4専修で、学びをつなげ、支援するスペシャリストがめざせます。

発達教育課程でカバーする領域

発達教育課程の4専修

※発達教育課程は教職課程認定申請中です。文部科学省の審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

ページの先頭へ

教科指導のプロフェッショナルと
発達支援のスペシャリストを育てる教育学部の2課程

文教大学教育学部には、学校教育課程と発達教育課程の2つの課程が設置されています。学校教育課程には9つの専修があり、それぞれの教科の知識や技能を身につけることができます。自分の専修以外にもすべての教科を学ぶ機会が用意されているので、深さだけでなく広がりのあるバランスの取れた知識技能を習得することが可能です。2020年新設の発達教育課程では、「特別支援教育専修」「初等連携教育専修」「児童心理教育専修」「幼児心理教育専修」の4つの専修で、発達の連続性と多様性への理解を深め、対応力を磨くことができます。幼稚園・保育所から小学校、さらには学校種間の接続を支援し、子どもの学びを上手につなげる力が身につけられます。

ページの先頭へ

教育現場の「今」を体感する! 教育学部の特徴的なプログラム

文教大学教育学部では、教育現場の実態を肌で感じられる機会を数多く用意しています。生きた経験を積むことで、教員となる心構えを養うとともに、教員をめざすモチベーションも高められます。

1アメリカ学校教育研修

アメリカの学校教育制度を学ぶ約2週間の研修プログラム。現地の教育委員会の協力を得て、小学校や中学校で「日本の文化紹介」という授業をしたり、メリーランド州立大学の学生たちと交流したりしながら、日本の学校教育制度の良い点や課題を自ら発見できる貴重な機会です。

アメリカ学校

2「先生の助手」体験プログラム

2年生を対象に毎年、越谷市内の小学校で実施している体験プログラム。先生の仕事の「大変さ」や「忙しさ」を知るとともに、真の「楽しさ」にも気づくことができる貴重な機会。子どもたちから「先生!」と呼ばれる体験は、「先生になりたい」気持ちをさらに高めてくれるはずです。

体験プログラム

文教大学教育学部のココがすごい

中学校教員採用者数 全国第1位!小学校教員採用者数 私立大学全国第1位!

文教大学教育学部は、「教員養成力の高い」大学としてメディアでも頻繁に取りあげられるなど、毎年、高い教員採用実績を誇っています。小学校教員採用者数は日本の私立大学のなかで12年連続全国1位。中学校教員採用者数も、私立大学のなかで6年連続全国1位、国公立大学の教員養成系学部を含めても、2年連続全国1位の採用者数を誇っており、これまでに多くの優秀な学生たちを、保育所・幼稚園、小学校、中学校、高等学校、特別支援学校などの教育現場に送り出してきました。こうした伝統と実績は、時代や社会に求められる教員になるための力を身につけられることの証であり、在学生たちにとっても非常に心強いものになっています。

教員就職支援プログラム

文教大学教育学部では、教員採用試験受験者を対象として、「教員採用試験対策講座」、「模擬試験」、「教員採用試験論作文ゼミ」、 「教員採用試験合宿ゼミ」など、多彩な就職支援プログラムを実施。教員をめざす学生たちを強力にサポートしています。

ページの先頭へ

このページに関するお問い合わせ

大学・部署名 文教大学 入学センター事務室
Tel 0467-54-4300