表の見方<学校推薦型・総合型選抜>

推薦型・総合型選抜 推薦型・総合型選抜 募集人員 推薦型・総合型選抜 ネット出願情報 推薦型・総合型選抜 出願要件 推薦型・総合型選抜 出願要件のアイコン 推薦型・総合型選抜 選考方法(1次選考、2次選考のみ表示、3次選考以降は「備考」に記載) 推薦型・総合型選抜 選考方法のアイコン 推薦型・総合型選抜 入試日程 推薦型・総合型選抜 備考

募集人員
当該入試方式の募集人員。募集人員は「予定」や「目安」の場合もある。なお、他の学部学科や他の入試方式との合計数の場合、「( )」カッコを付して表示。
!にオンマウスで、募集人員に関する付属情報を表示。

ページの先頭へ

ネット出願情報
インターネットを利用した出願を受付している場合、アイコンを表示。
ネット出願のみ出願はネット登録のみで受付(別途書類送付も必要)。
ネット出願可出願は書類送付またはネット登録で受付。

ページの先頭へ

出願要件
  • 専願・併願:〔専願〕出願先が1つ、または合格した場合は必ず入学。〔併願(学内)〕学内の指定条件下に限り併願可。〔併願〕他大学との併願可。
  • 現役・卒後:〔現役〕現役のみ。年度途中の卒業・修了を含む。〔卒後〕現役生を含み、高校等を卒業(または修了)後でも出願可。数字が無い場合は卒後年数の指定が6年以上、もしくは卒後年数の制限が無いことを指す。
  • 成績基準:数値は学習成績の状況、アルファベットは学習成績概評を指し、ともに出願要件の下限値。◯Aは、学習成績概評がAであり、さらに人物、学力ともに優秀である評価。
    ※「学習成績概評」A(5.0~4.3)、B(4.2~3.5)、C(3.4~2.7)、D(2.6~1.9)、E(1.8以下)
  • 資格・検定:〔条件あり〕語学系、情報系、商業系など指定の資格を取得、または検定に合格し、証明が必要。
  • 英語資格・検定試験:〔出願要件〕出願要件のみに英語資格・検定試験の成績が必要。〔選考に利用〕選考のみに英語資格・検定試験の成績が必要。〔出願・選考〕英語資格・検定試験の成績が出願要件であり、かつ選考に利用。※リンクをクリックすると、別画面で詳細情報を表示。
    <対象の検定・試験>ケンブリッジ英語検定、実用英語技能検定、IELTS、TOEFL、TOEIC、GTEC、TEAP。※試験の種類を限定する場合がある。
  • 事前面談等:〔要〕出願前に面談・講義受講などが必要で、出願要件となるもの。書類提出のみの場合も含む。
  • その他要件:〔対象課程〕工業科や商業科など在籍高校等の修学課程を限定(指定科目・単位取得を含む)。〔出身地域〕在籍高校の所在地や志願者(もしくはその保護者等)の居住地域等を指定。〔卒後条件〕大学卒業後の進学や就業における、地域や年数等の条件。〔履修・諸活動〕履修条件、生徒会活動、部活動、各コンテスト出場、留学、社会活動等の実績。〔IB〕国際バカロレア(DP)を日本国内の認定校(または日本語)で修得。
  • 出願要件詳細:初期表示で示した項目の具体的な内容や、初期表示にない出願要件など、出願要件に関する詳細情報より主な内容を掲載。

ページの先頭へ

出願要件のアイコン「
複数の出願要件から、志願者が適した要件を選択して出願できる場合、その対象項目に表示。

ページの先頭へ

選考方法(1次選考、2次選考のみ表示、3次選考以降は「備考」に記載)
  • 書類:選考に必要な調査書等の主な書類。合格後に提出する成績証明書等は割愛。
  • 共通テスト:共通テストが出願要件もしくは選考対象となる場合に必要な教科・科目数と教科・科目名(詳しくは、※1共通テストの教科・科目を参照)。第一解答科目や高得点採用等の諸条件は割愛。
  • 個別:各大学で個別に行われる試験内容。〔小論文・総合問題〕、〔面接(個人)〕、〔面接(グループ)〕、〔プレゼン〕、〔グループ討論・活動〕、〔教科・適性試験〕、〔実技〕、〔講義・ゼミ〕、〔その他選考〕に分類。選考は、「集団面接でグループ討論・活動を実施」、「実技後に面接を行う」などのように、融合して実施される場合もある。
  • 選考方法詳細:提出書類の内容、選考内容別の評価基準、配点など、選考方法に関する詳細情報より主な内容を掲載。

ページの先頭へ

選考方法のアイコン「」「

複数の選考方法から、志願者が選択可能な場合に表示。
複数の選考方法から、大学が指定する場合に表示。

ページの先頭へ

入試日程
  • エントリー締切:出願前に申込みが必要な場合の締切日。〔着〕必着。〔消〕消印有効。〔登〕ネット出願の登録(別途、書類送付締切は割愛)。〔当〕面談等の実施当日(事前エントリーは不要)。※複数日実施の場合は、もっとも早い日程。
  • 出願締切:出願書類の締切日。〔着〕必着。〔消〕消印有効。〔登〕ネット出願の登録(別途、書類送付締切は割愛)。
  • 1次選考:〔試験日〕実施の場合は表示。複数日実施の場合は初日のみ表示。書類選考および共通テストのみの場合は非表示。〔合格発表日〕2次選考以降を実施の場合は表示。1次選考で終了の場合は非表示。
  • 2次選考:〔試験日〕実施の場合は表示。複数日実施の場合は初日のみ表示。書類選考および共通テストのみの場合は非表示。〔合格発表日〕3次選考以降を実施の場合は表示。2次選考で終了の場合は非表示。
  • 入試日程詳細:複数試験日の情報や3次以降の試験日、ネット出願の締切時間など、入試日程に関する情報を掲載。

ページの先頭へ

備考
3次選考以降の内容や、入学要件、併願条件など、出願や選考に関係する主な情報を掲載。

ページの先頭へ

※1共通テストの教科・科目
  • 教科・科目数:【▲-▼】で表示(▲は教科数、▼は科目数)。
  • 教科・科目名:【 】の後ろに表示。受験教科・科目の条件等は、「( )」や「※」を付して表示。
    例:【3・4-4】国、地歴・公→2(公2は不可)、外(英L)
  • 選択科目数:教科・科目名の後ろに数字を付して表示(教科内の全科目から1科目選択の場合は割愛)。教科内で選択科目数に指定がある場合「→数字」で表示。選択科目が教科をまたがる場合「≪ ≫⇒数字」で表示。ただし、理科1科目を理科基礎2科目で代替えの場合の数字は割愛し、2科目のカウントとしない。
    例:【4-4】国、地歴・公→1、英L、≪数、理基・理≫⇒1
    (注)理系型(【5-7】外、数2、国、理2、地歴・公→1)や、文系型(【5・6-7】外、国、地歴・公→2、≪数、理≫⇒3。数2必須パターンを含む)は、受験教科・科目の条件のみを表示。
    例:【5-7】※国(現)、地歴B・公→1、外(英L)
<各教科・科目の表記について>
  • 外国語:「外」はすべての外国語から選択可。「英」英語、「独」ドイツ語、「仏」フランス語、「中」中国語、「韓」韓国語
    例:外(英L)・・・すべての外国語から選択可能で、英語選択の場合はリスニングが必要。
    例:英L・・・英語のみを指定し、リスニングが必要。
  • 数学:「数」は数学①・②すべての科目から選択可。「数①」は「数Ⅰ」「数Ⅰ・A」、「数②」は「数Ⅱ」「数Ⅱ・B」「簿記・会計」「情報関係基礎」から選択可。ただし、「簿記・会計」、「情報関係基礎」については割愛。「数A」数Ⅰ・A、「数B」数Ⅱ・B、「数AB」数Ⅰ・A、数Ⅱ・B
    例:数2・・・数①と数②からそれぞれ1科目を選択する合計2科目。
    例:数A、数②・・・数①は「数Ⅰ・A」を必須、数②から1科目を選択。
  • 国語:「国(現)」現代文のみ、「国(現古)」現代文・古文、「国(古)」古文のみ、「国(漢)」漢文のみ
  • 理科:「理基」理科基礎(「◇基」基礎を付した科目)、「理」理科(「◇」基礎を付さない科目)
    例:理基・理→1・・・理科1科目(または理科基礎2科目)を選択。
    例:物化生基・物化生→2・・・物理・化学・生物から2科目、もしくは物理・化学・生物から1科目と物理基礎・化学基礎・生物基礎から2科目を選択。
    例:理2・・・理科から2科目。理科基礎の代替え不可。
  • 地歴:AもしくはBを付した科目を指定した場合「地歴◇」。「世」世界史、「日」日本史
    例:地歴B・・・Bを付した世界史、日本史、地理から1科目選択。
  • 公民:「現社」現代社会、「倫」倫理、「政」政治・経済、「倫政」倫理、政治・経済
    例:地歴・公→1・・・地歴と公民すべてから1科目選択。
    例:世日B→1・・・Bを付した世界史または日本史から1科目を選択。

ページの先頭へ

※2履修条件、個別試験の教科・科目
<履修範囲・分野、複数科目の表記について>
  • 外国語:Ⅰ<Ⅱ<Ⅲ、「コミュ英」コミュニケーション英語、「英表現」英語表現、「英総」英語総合
  • 数学:数Ⅰ<数Ⅱ<数Ⅲ、数A<数B<数C、「数A(場)」場合の数と確率、「数A(整)」整数の性質、「数A(図)」図形の性質、「数B(確)」確率分布と統計的な推測、「数B(列)」数列、「数B(ベ)」ベクトル
  • 国語:「国総」国語総合、「現」現代文、「古」古文、「漢」漢文

※その他、共通テストの教科・科目に準じて表記

ページの先頭へ