私立

十文字学園女子大学

入試対策情報

※前年度情報を掲載中

英語

2019年度入試の問題分析

すべてマークシート方式で、解答時間は2教科120分、100点満点で大問6題。第1問は長文読解問題で、内容に関する設問を中心に設問10問。第2問は文法・語法英文空所補充で設問10問、基本的な文法・語法の知識を問う問題が多い。第3問は発音問題で設問5問、下線部の文字の発音を問う問題である。第4問は長文読解問題で、第1問の半分程度の長さの英文を読み、5ヵ所ある空所を埋める問題。基本的には文法や語法の知識ではなく、文脈から適切な語句を補充する問題である。第5問は会話文空所補充で、2往復の会話の空所に入る発話を選ぶ設問5問。会話の流れを追う力、会話の定型表現の知識が問われている。第6問は整序英作文で設問5問、基本的な語句や構文の力を生かして対応すれば解ける問題が多い。全体として難易度は標準的で、教科書レベルの英語を日頃から丁寧に勉強しておけば確実に点数が取れる問題である。

2020年度入試対策・学習アドバイス

単語と発音

長文読解問題はワード数が比較的多く、知らない単語が多ければ時間内に読み進めることができないだろうし、空所補充問題にも対応できない。単語を覚える際には一緒に発音してみて、発音問題に対応できるようにしよう。また、センター試験の過去問などを活用して発音問題の対策をしておくのもよい。

文法・語法

全体を通して文法に関する出題が多いのが特徴である。基本的なレベルの文法の問題集を1冊繰り返し解いて文法の知識や構文をしっかり身につけておこう。その際、「なぜ、ほかの選択肢では駄目なのか」といった理由まで理解しながら進めると、文法の知識が整序作文や長文読解にも生きてくる。

会話問題

会話問題対策として、まずは文法の問題集を活用して会話の定型表現を覚えよう。それから過去問や、センター試験の過去問を解いていけばよい。

読解力

長文読解問題は試験時間を考えれば、かなりの分量であるが、内容は身近なテーマであることが多く、仮に知らない話題であっても読み進めればしっかり理解できるようなものが多く、決して難解なものではない。十分に対策をすれば確実に点数が取れるはずだ。地道な練習以外に道はない。教科書だけではなく、標準的なレベルの問題集をできれば何冊か解いて、できるだけ多くの長文を読んでおこう。最初は時間がかかっても構わない。じっくりと全訳や解説を読み、自分の力だけで読めるくらいになるまでしっかり復習しておく。このようにして多くの種類の長文を、繰り返し読んで英語に慣れていき、少しずつ正確さ、スピードを身につけていけばよい。

過去問で練習しよう

試験時間が2教科で120分であり、英語にかけられる時間は最大でも60分程度であろう。この時間配分で大問6題をこなすには、要領よく進めていく必要がある。他教科とともに過去問を解いて、英語にかけられる時間を把握しておこう。大問が6題あり、様々な形式の問題が出題されるので、それぞれの問題形式にも慣れておく必要があるし、それぞれの設問にどのくらい時間がかかるのかといったことも把握しておいて、試験に臨むにあたっての戦略を立てておきたい。また、過去問を解くときには、「何となく」答えが出せて満足するのではなく、答えの根拠をはっきりさせるようにしよう。