河合塾グループ 河合塾
  1. 大学検索トップ
  2. 同志社大学
  3. 大学からのお知らせ
  4. 教育システム紹介
どうししゃ

同志社大学

  • 大学HP

教育システム紹介

商学部
商学科

基礎から専門領域まで多様なカリキュラム
ビジネスの最前線で活躍できる実務家を育成

学部の特徴

専門領域を総合的・体系的に学習
より自由度を高めたコースも設置


商学部生の学びの場となる今出川
キャンパス

ビジネストレンドの先を見通し、グローバルに活躍できる人材の育成をめざす同志社大学商学部では、「商学総合コース」と「フレックス複合コース」の2コースを用意。

専門領域を総合的・体系的に学ぶ「商学総合コース」では、5学系に分かれた専門分野から主学系と副学系を選択し学修する。「商業・金融」学系は、マーケティング戦略や商品の流通、保険会社や金融機関の役割を研究。「企業・経営」学系は、現代社会における企業経営を管理・情報・戦略などの視点から多角的に分析する。「簿記・会計」学系は、企業など組織の運営に欠かせない簿記を学び、会計情報を読み解く力を養成。「貿易・国際」学系は、海外市場の動向や貿易業務、ビジネス英語などを学び、グローバルな視点からビジネスを読み解く。「経済・歴史」学系は、経済現象が人類にとってどんな意味を持つのか、経済活動の歴史がいかに変化してきたかを解明する。

「フレックス複合コース」では商学総合コースと同様に5つの学系から主学系を選択したうえで、「専門特化型」か「副専攻型」かを選択する自由度を高めたカリキュラムを設置している。例えば、公認会計士や税理士など商学に直結した専門職に就きたい場合などは、その分野をより重点的に学ぶことができる「専門特化型」を選択すれば、学修がしやすい。商学に加えて法学や社会学などの周辺領域や教職、国際などの分野を副専攻として科目選択する「副専攻型」も魅力的だ。

学びの流れ

大学での学びをスムーズに開始し4年次には専門領域を究める


ゼミではテーマに沿って、グループ
発表を行う

大学での学びにスムーズに順応できるよう、1年次には少人数クラスでの「導入教育」を実施している。入学と同時に受講する「アカデミック・リテラシー」では、「調べる」「書く」「発表する」「議論する」という基本的な学習技能の修得を図り、文献検索や資料収集の方法、レポートや論文の書き方、プレゼンテーションや討論の方法などを学ぶ。さらに1年次秋学期に受講する「ビジネス・トピックス」では、同学部の専門分野や、ビジネス現場への関心を掘り起こす。工場見学や映像資料を活用した討論、実務家による講演も取り入れている。

入学から卒業まで一貫して取り組まれるのが「専門教育」だ。<入門→基礎→展開>という積み上げ式の学習によって、ビジネス全般に対する広い視野と専門領域の深い知識を修得していく。また同学部では、大学教員による通常の講義のほか、ビジネスの最前線で活躍する実務家による講義(実践科目)も用意されている。

「演習(ゼミ)」と卒業研究は、2年次の秋学期から指導教員の下、少人数クラスで実施し、特定の専門領域における学問を究めていく。

資格取得

将来の目標や就職に向けて資格取得をバックアップ

同学部のカリキュラムには公認会計士や税理士、中小企業診断士、ファイナンシャル・プランナーなど高度な資格試験に関連する科目も多く、スペシャリストへの進路をバックアップしている。

日本商工会議所簿記検定(1級商業簿記、1級会計学、1級工業簿記、1級原価計算)やファイナンシャル・プランナーなど、資格試験に関連する多くの科目を卒業単位に算入される正規科目に組み込んでいるのも特徴だ。

また商学部資格試験講座(課外講座)として日本商工会議所簿記検定対策講座(3級商業簿記、2級商業簿記、2級工業簿記)、中小企業診断士講座など多様な試験対策講座を開設。各種資格の仕事内容、試験制度、勉強方法を紹介するガイダンスも開催するなど、資格取得をサポートしている。

ゼミ紹介

総ゼミ数 45

現代日本企業の競争と産業動向の分析(麻生 潤)
グローバリゼーションとアジア経済(遠藤 敏幸)
コーポレート・ガバナンスおよび「企業と社会」に関する研究(今西 宏次)
「ビジネスの言語」としての会計入門(稲見 亨)
通貨と証券市場(五百旗頭 真吾)
物流システムの研究(石田 信博)
商品が社会に与える影響について(川満 直樹)
国際電子商取引の現状と展望(長沼 健)
管理会計の研究(中川 優)
事業システムと競争優位(中道 一心)
東アジア地域の経済発展(西川 純平)
会計情報による企業評価と株式投資(櫻井 貴憲)
Global Business Communication,Learning businesses in BELF(佐藤 研一)
会計が社会において果たす役割を学ぶ(佐藤 誠二)
世界経済危機をどのように捉えるか(田淵 太一)
消費者行動論にもとづくブランド・マーケティング(髙橋 広行)
経営学と労務管理における諸問題(谷本 啓)
金融的要因と経済活動 -理論・実証分析の展開-(植田 宏文)
産業組織と企業行動・消費者行動の実証分析(上田 雅弘)
歴史に学ぶ働き方(山下 麻衣)

ページの先頭へ

このページに関するお問い合わせ

大学・部署名 同志社大学 入学センター入学課
Tel 075-251-3210
E-mail ji-nyugk@mail.doshisha.ac.jp

入試問い合わせ先

  • 【担当部署】
    入学センター入学課
    【電話番号】
    075-251-3210
    【所在地】
    京都市上京区今出川通烏丸東入

デジタルパンフレット

(*「テレメール進学サイト」が提供している画面へ遷移します)

閉じる