私立

関西大学

教育システム紹介

政策創造学部
政策学科/国際アジア法政策学科

少人数制の段階的な学びで、
グローバル社会で生かせる実践的な政策立案力を育む

学部の特徴

少人数教育を基本理念とし専門性の高い実践力を養成

複雑に変化する世界、政治、経済の動向を認識し、将来を予測する冷静な分析力を備えた人材の養成を目的に、国際関係、政治、行政、法律、経済経営戦略、社会保障、地域文化など幅広い領域を学ぶ。グローバルかつローカルな視点で、現代社会の諸問題を発見する探求力、解決策を創出する思考力、実践に移す行動力をバランスよく身につけた市民社会のリーダー育成をめざす。

カリキュラムは、少人数教育の下、政治学、法学、経済学、経営学、国際関係などに関連する専門教育科目をベースに、データ分析科目・導入科目・基幹科目・展開科目で構成。各分野の系統的・体系的学習を図る。学生は、社会科学の各分野の基礎力を養う導入科目を学んだ後に、2年次秋学期から専門領域の知識を深めていく。政策学科では、2年次から4つの専修に分かれる。「国際政治経済専修」では、国際的な政治・経済の動因を認識・分析し、世界の各地域・社会で、協力・共生の関係を構築しうる人材を育成。「政治・政策専修」では、現代国家における政治・政策課題を多角的に分析。新しい公共的空間の創造に貢献できる人材を育てる。「地域・行政専修」では、地域社会、地方公共団体における普遍的課題を探究し、持続可能な地域社会の構築に貢献できる能力を養う。「組織・経営専修」では、組織経営と法、組織の意思決定、組織間ネットワークなど、多様な組織の諸問題を分析し、人間と組織の望ましい関係の構築に向け、実践的に行動できる人材を育成。一方、国際アジア法政策学科では、世界各国・地域の法や社会について、欧米・アジアの諸言語を用いながら学ぶことで幅広い視野を養い、グローバル社会に通用する政策立案力を持った人材を育成する。

両学科ともに実社会に即し、学問領域が広いため、国際機関、NGO、NPO、公務員、メディア、商社、メーカー、コンサルティング会社など、社会の様々な分野に学生の進路は広がっている。

学びのPOINT

基本能力の育成と実践的な学習を重視したゼミ形式の授業

学習のポイントの1つ目は、学生の知的好奇心に応え、潜在力の開花を目標に、実践的な授業を取り入れていること。学外でのフィールドワークや事例研究にも数多く取り組む。また、行政や企業の実務家が講師を務める科目も開講。実社会の課題の理解に努める。2つ目は、1年次における導入ゼミにおいてレポート作成やプレゼンテーションといった「読む・書く・話す」などの基礎能力を育てることである。一人ひとりの学生が卒業後の進路を考え、主体的に学びつつ、専門性を高められる体制を整えている。

大きな特徴は、同学部のゼミ体系である。導入ゼミ、専門導入ゼミは、法律・政治・経済・経営・国際関係の各分野の基礎学力を養う内容になっており、専門演習、卒業論文研究では、各分野の理論と実践の融合を図りながら、専門性を高めることによって、研究テーマを追究する。

国際教育

高いレベルの語学力を養う学部独自のプログラム


学ぶ意欲を応援する、ゼミ重視の実践的
カリキュラム

同学部では、国際社会で通用する外国語運用能力の習得をめざし、語学力を段階的に伸ばすための、学部独自の「国際教育プログラム」を用意。語学力の徹底的な向上を図る「プロフェッショナル英語・ドイツ語・フランス語・中国語」といった講義のほか、「プロフェッショナル英語」の上位年次コースでは、卒業後の活躍シーンを想定した「ビジネスコース」「海外進学コース」「国際コーディネーターコース」の3つを開講している。また、長期休暇期間を利用し集中的に外国語運用能力を磨く「海外研修」では、アデレード大学(オーストラリア)や国立ワイカト大学(ニュージーランド)、パンヤピワット経営大学(タイ)に加え、今年度よりチェンマイ大学(タイ)でのプログラムも実施予定である。

ゼミ紹介

総ゼミ数 23

石田成則ゼミ
高齢社会における年金・医療・介護などの諸問題を幅広く学び、その解決策を探ります。また、社会保障についても国際比較のための調査を実施し、理解を深め、わが国でのその在り方について政策提言を行える能力を養います。
橋口勝利ゼミ
関西地域を取り上げてその発展の歴史と現状を分析したうえで、そこに内在する問題点を議論します。さらに近年「地域興し」として脚光を浴びている「まちづくり」に注目し、実践例や議題を見つけ出すことをめざします。
権南希ゼミ
地球温暖化、自然資源の保存、海洋汚染など、各問題領域について実態を把握します。また、生物多様性条約、気候変動枠組条約を始めとする環境条約の形成と運営プロセスにおける国際環境協力の現状と課題を研究します。

ページの先頭へ

このページに関するお問い合わせ

大学・部署名 関西大学 入試センター 入試広報グループ
Tel 06-6368-1121(代)
E-mail nyushikoho@ml.kandai.jp