河合塾グループ 河合塾
  1. 大学検索トップ
  2. 日本大学
  3. 大学からのお知らせ
  4. 大学情報CloseUp
にほん

日本大学

  • 大学HP

大学情報CloseUp

日本大学 生産工学部 環境安全工学科

幅広い工学分野を融合し、
安全・安心で持続発展可能な社会をデザインする人を育成!

環境安全工学科3つのポイント

POINT1.全世界的な課題に挑戦

科学技術をサステイナブル(持続可能)なものに転換する技術を修得し、社会と科学技術のより良い関係をつくり上げることができる人材を育成します。

POINT2.幅広い工学分野を融合した複合工学

環境・安全・エネルギーに関する学問を幅広く学びます。そして獲得した知識と社会科学的な考え方を融合して、持続可能な技術に結び付けるための洞察力と実践力を修得します。

POINT3.幅広いフィールドで未来を創造

卒業生は環境・安全・エネルギー分野を中心に、環境プラント関連企業、化学メーカー、食品関連企業、自動車関連企業、建設会社、商社、官公庁などで幅広く活躍しています。

環境・安全・エネルギーのテクノロジーを学ぶ2つのコース

環境安全コース

地球環境と生態系サービスを回復させながらすべての人に必要な利益を提供し、かつ将来世代に引き継ぐために活躍する人材を育てます。
安全に関する法律を理解し、事故の未然の防止や、事故後の安全を確保する知識と技術、有害排出物の抑制など環境に与える負荷を抑える知識と技術などを修得、その成果を世界に発信できる力を身につけます。
卒業後は、建設関連企業をはじめ、通信、化学メーカー、環境分析企業など多数活躍の場が広がっています。

環境エネルギーコース

地球温暖化による気温上昇により、利用エネルギーの転換問題が重要課題となっています。
本コースでは、自然環境との調和を図りつつ、持続的な発展に向け、新エネルギー獲得技術としての風力、バイオマス、ヒートポンプなどの次世代エネルギー源や総合的なエネルギー化の管理に対する知識と理解を深め、世界に提案できる力を身につけます。
卒業後の進路は、エネルギーをはじめ、プラント関連、自動車メーカー、IT企業など、多岐にわたる分野で活躍が可能です。

TOPICS 環境安全工学科×ドローンPROJECT

新しい研究手法が、環境計測などの調査で活躍!
環境工学分野においては、環境計測にドローンが使われることが当たり前の時代になっています。当学科ではドローン活用技術の授業化をめざし、学生を募って試行的に活動。ドローンの操縦はもちろん、「どんなことに使えるか」「撮影の方法・スタイル」「必要なソフトの操作」などが実践的に学べます。また、操縦する上での安全管理に関してもしっかりと指導を行っています。


日本大学生産工学部のドローンが習志野市の安全を守る!
日本大学生産工学部のドローンは、習志野市と包括的連携に基づき、災害時の情報収集や大規模災害に備えた地域防災活動等での活躍が期待されています。

ページの先頭へ

このページに関するお問い合わせ

大学・部署名 日本大学 入学課
Tel 03-5275-8001