国立

一橋大学

大学トップ

設置学部・学科一覧

  • 社会学部

    社会学科

  • 法学部

    法律学科

  • 経済学部

    経済学科

  • 商学部

    経営学科、 商学科

  • キャンパス

    国立キャンパス

    国立市中2-1

    沿革

    1875年8月

    森有礼が東京銀座尾張町に商法講習所を私設する。

    1884年3月

    東京商業学校と改称する。

    1885年9月

    東京外国語学校と合併し神田一ツ橋に移り、東京商業学校と称する。

    1887年10月

    高等商業学校と改称する。

    1890年1月

    附属商工徒弟講習所を職工徒弟講習所とし、東京職工学校(東京高等工業学校、現東京工業大学の前身)に移す。

    1897年4月

    附属外国語学校を設置する。

    1899年3月

    商業教員養成所を設置する。

    1899年4月

    附属外国語学校を東京外国語学校と改称し本校から分離する。

    1902年4月

    東京高等商業学校と改称する。

    1920年4月

    東京商科大学となる。

    1944年9月

    東京産業大学と改称する。

    1947年3月

    東京商科大学の旧名にもどる。

    1949年5月

    東京商科大学を改組し一橋大学とする。

    商学部、経済学部、法学社会学部を設置。

    1951年4月

    法学社会学部を改組し、法学部と社会学部を設置、4学部とする。

    1975年4月

    商学部を拡充改組する。

    2004年4月

    国立大学法人一橋大学となる。