河合塾グループ 河合塾
  1. 大学検索トップ
  2. 国立音楽大学
  3. 大学概要
  4. 奨学金制度
くにたちおんがく

国立音楽大学

  • 大学HP

奨学金制度

※2021年度実施情報

*以下の内容は、株式会社旺文社の作成データです。最新の情報は、下記「お問い合わせ先」に確認してください。

お問い合わせ先 学務部学生支援課
TEL(042)535-9509

※他に、「国立音楽大学同調会奨学金」制度がある

お問い合わせ先

奨学金名 国立音楽大学奨学金
貸与額 年額50万円
貸与期間 1か年
他制度併用の可・不可
対象学年の制限 なし
応募条件 学力・人物ともに優れた者で、経済的理由により修学が困難な者
申込時期および方法 9月上旬~9月中旬(変更の可能性あり)、学生支援課へ申込書を提出
採用人員 80名以内
返還の方法 卒業後、最長15年で返還。卒業時の成績が特に優秀な者は全額または一部を免除

詳細を表示

お問い合わせ先

奨学金名 国内外研修奨学金
給付額 国内外の講習会などにおける研修に要する経費
給付回数 在学中1回
他制度併用の可・不可
対象学年の制限 2~4年生(2年生は特別給費奨学生のみ)
応募条件 研究意欲に富み、成績優秀な者
申込時期および方法 1月中旬、学生支援課へ申込書を提出
採用人員 特に定めない

詳細を表示

お問い合わせ先

奨学金名 国内外研修奨学金(特別研修給付制度)
給付額 国内外のコンクール・音楽祭などの参加に要する経費
他制度併用の可・不可
対象学年の制限 なし
申込時期および方法 12月中旬、学生支援課へ申込書を提出
採用人員 特に定めない
採用条件 国内外のコンクール・音楽祭・国際会議等で高い評価を得た者

詳細を表示

お問い合わせ先

奨学金名 岡田九郎記念奨学金
給付額 45万円を授業履修費に振替
給付期間 単年度
他制度併用の可・不可
対象学年の制限 3・4年生
採用人員 2名以内
採用条件 鍵盤楽器専修(ピアノ)の3・4年次に在学する者で、専攻成績が特に優秀な者
選考時期および方法 4月初旬、運営会推薦

詳細を表示

ページの先頭へ

お問い合わせ先

奨学金名 国立音楽大学応急奨学金
貸与額 授業履修費の半額相当額
貸与期間 1か年
他制度併用の可・不可
対象学年の制限 なし
応募条件 家計急変により就学が困難である者
申込時期および方法 随時。事由が発生した際に、学生支援課へ申込む
返還の方法 卒業後、最長15年以内に返還。卒業時の成績が特に優秀な者は全額または一部を免除

詳細を表示

お問い合わせ先

奨学金名 国立音楽大学特別奨学金
貸与額 学費年額、または納付すべき学費の不足額を限度とする
貸与期間 1か年
他制度併用の可・不可
対象学年の制限 なし
応募条件 家計急変により就学が困難である者
申込時期および方法 随時。事由が発生した際に、学生支援課へ申込む
返還の方法 卒業後、最長15年で返還。卒業時の成績が特に優秀な者は全額または一部を免除

詳細を表示

お問い合わせ先

奨学金名 中館耕蔵奨学金
貸与額 授業履修費等の学費相当額
貸与期間 1か年
他制度併用の可・不可
対象学年の制限 4年生
応募条件 家計急変により就学が困難である者
申込時期および方法 随時。事由が発生した際に、学生支援課へ申込む
返還の方法 卒業後、最長15年で返還。卒業時の成績が特に優秀な者に対して全額または一部を免除

詳細を表示

お問い合わせ先

奨学金名 国立音楽大学音楽学部特別給費奨学金
給付額 授業履修費・施設設備費・維持運営費の全額、半額、4分の1額相当額のいずれか
給付期間 原則4か年(3年次進級時に継続審査あり)
他制度併用の可・不可
対象学年の制限 新入生
採用人員 10名以内
採用条件 特別給費奨学生として入学試験に合格した、きわめて優れた演奏能力を持つ演奏・創作学科声楽専修、鍵盤楽器専修(ピアノ)および弦管打楽器専修の学生

詳細を表示

ページの先頭へ

お問い合わせ先

奨学金名 篤志家奨学金
免除額 年額50万円
免除期間 1か年
他制度併用の可・不可 一部不可
対象学年の制限 4年生
申込時期および方法 7月、学生支援課へ申込む
採用人員 2名
採用条件 卒業見込みがある4年生のうち、人物・学業成績ともに優秀で健康であり、経済的援助を必要とする者

詳細を表示

ページの先頭へ

入試問い合わせ先

  • 【担当部署】
    入試センター
    【電話番号】
    042-535-9536
    【所在地】
    東京都立川市柏町5-5-1

デジタルパンフレット

(*「テレメール進学サイト」が提供している画面へ遷移します)

閉じる

一緒に見られた大学