私立

名古屋造形大学

入試科目

2022年度入試

表の見方

美術表現領域

(募集人員:推3)

共通テスト
教科・科目数 3-3
試験科目 《英、数、国※現、(理基、理→1)、(地歴、公→2)⇒3》
配点 総点300/英(100)/数(100)/国(100)/理(100)/地・公(100~200)
ボーダー
(得点/満点)
62%
(186/300)

(募集人員:推3)

共通テスト
教科・科目数 2-2
試験科目 《英、数、国※現、(理基、理→1)、地歴、公⇒2》
配点 総点200/英(100)/数(100)/国(100)/理(100)/地・公(100~200)
ボーダー
(得点/満点)
66%
(132/200)

(募集人員:推1)

共通テスト
教科・科目数 1-1
試験科目 《英、数、国※現、理基、理、地公⇒1》
配点 総点100/英(100)/数(100)/国(100)/理(100)/地・公(100)
ボーダー
(得点/満点)

(-/-)

(募集人員:推11)

<デッサン・イメージ型>

個別学力試験
試験科目 【実】《英、数ⅠA、国※現、他⇒1》#他は共通テストの高得点1科目
配点 総点500/英(100)/数(100)/国(100)/その他実400,他※100
ボーダー偏差値 37.5

<学科型>

個別学力試験
試験科目 《英、数ⅠA、国※現⇒2》#高得点科目400点、他100点
配点 総点500/英(100)/数(100)/国(100)
ボーダー偏差値 37.5

(募集人員:推2)

<デッサン・イメージ型>

個別学力試験
試験科目 【実】
配点 総点500/その他実500
ボーダー偏差値

<学科型>

個別学力試験
試験科目 《数ⅠA、国※現⇒1》
配点 総点500/数(500)/国(500)
ボーダー偏差値
  • ※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。
映像文学領域

(募集人員:推9)

共通テスト
教科・科目数 3-3
試験科目 《英、数、国※現、(理基、理→1)、(地歴、公→2)⇒3》
配点 総点300/英(100)/数(100)/国(100)/理(100)/地・公(100~200)
ボーダー
(得点/満点)
68%
(204/300)

(募集人員:推8)

共通テスト
教科・科目数 2-2
試験科目 《英、数、国※現、(理基、理→1)、地歴、公⇒2》
配点 総点200/英(100)/数(100)/国(100)/理(100)/地・公(100~200)
ボーダー
(得点/満点)
69%
(138/200)

(募集人員:推2)

共通テスト
教科・科目数 1-1
試験科目 《英、数、国※現、理基、理、地公⇒1》
配点 総点100/英(100)/数(100)/国(100)/理(100)/地・公(100)
ボーダー
(得点/満点)

(-/-)

(募集人員:推18)

<デッサン・イメージ型>

個別学力試験
試験科目 【実】《英、数ⅠA、国※現、他⇒1》#他は共通テストの高得点1科目
配点 総点500/英(100)/数(100)/国(100)/その他実400,他※100
ボーダー偏差値 42.5

<学科型>

個別学力試験
試験科目 《英、数ⅠA、国※現⇒2》#高得点科目400点、他100点
配点 総点500/英(100)/数(100)/国(100)
ボーダー偏差値 42.5

(募集人員:推3)

<デッサン・イメージ型>

個別学力試験
試験科目 【実】
配点 総点500/その他実500
ボーダー偏差値

<学科型>

個別学力試験
試験科目 《数ⅠA、国※現⇒1》
配点 総点500/数(500)/国(500)
ボーダー偏差値
  • ※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。
地域社会圏領域

(募集人員:推2)

共通テスト
教科・科目数 3-3
試験科目 《英、数、国※現、(理基、理→1)、(地歴、公→2)⇒3》
配点 総点300/英(100)/数(100)/国(100)/理(100)/地・公(100~200)
ボーダー
(得点/満点)
60%
(180/300)

(募集人員:推2)

共通テスト
教科・科目数 2-2
試験科目 《英、数、国※現、(理基、理→1)、地歴、公⇒2》
配点 総点200/英(100)/数(100)/国(100)/理(100)/地・公(100~200)
ボーダー
(得点/満点)
62%
(124/200)

(募集人員:推1)

共通テスト
教科・科目数 1-1
試験科目 《英、数、国※現、理基、理、地公⇒1》
配点 総点100/英(100)/数(100)/国(100)/理(100)/地・公(100)
ボーダー
(得点/満点)

(-/-)

(募集人員:推5)

<デッサン・イメージ型>

個別学力試験
試験科目 【実】《英、数ⅠA、国※現、他⇒1》#他は共通テストの高得点1科目
配点 総点500/英(100)/数(100)/国(100)/その他実400,他※100
ボーダー偏差値 40.0

<学科型>

個別学力試験
試験科目 《英、数ⅠA、国※現⇒2》#高得点科目400点、他100点
配点 総点500/英(100)/数(100)/国(100)
ボーダー偏差値 40.0

(募集人員:推1)

<デッサン・イメージ型>

個別学力試験
試験科目 【実】
配点 総点500/その他実500
ボーダー偏差値

<学科型>

個別学力試験
試験科目 《数ⅠA、国※現⇒1》
配点 総点500/数(500)/国(500)
ボーダー偏差値
  • ※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。
空間作法領域

(募集人員:推4)

共通テスト
教科・科目数 3-3
試験科目 《英、数、国※現、(理基、理→1)、(地歴、公→2)⇒3》
配点 総点300/英(100)/数(100)/国(100)/理(100)/地・公(100~200)
ボーダー
(得点/満点)
62%
(186/300)

(募集人員:推3)

共通テスト
教科・科目数 2-2
試験科目 《英、数、国※現、(理基、理→1)、地歴、公⇒2》
配点 総点200/英(100)/数(100)/国(100)/理(100)/地・公(100~200)
ボーダー
(得点/満点)
66%
(132/200)

(募集人員:推1)

共通テスト
教科・科目数 1-1
試験科目 《英、数、国※現、理基、理、地公⇒1》
配点 総点100/英(100)/数(100)/国(100)/理(100)/地・公(100)
ボーダー
(得点/満点)

(-/-)

(募集人員:推10)

<デッサン・イメージ型>

個別学力試験
試験科目 【実】《英、数ⅠA、国※現、他⇒1》#他は共通テストの高得点1科目
配点 総点500/英(100)/数(100)/国(100)/その他実400,他※100
ボーダー偏差値 40.0

<学科型>

個別学力試験
試験科目 《英、数ⅠA、国※現⇒2》#高得点科目400点、他100点
配点 総点500/英(100)/数(100)/国(100)
ボーダー偏差値 40.0

(募集人員:推2)

<デッサン・イメージ型>

個別学力試験
試験科目 【実】
配点 総点500/その他実500
ボーダー偏差値

<学科型>

個別学力試験
試験科目 《数ⅠA、国※現⇒1》
配点 総点500/数(500)/国(500)
ボーダー偏差値
  • ※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。
情報表現領域

(募集人員:推5)

共通テスト
教科・科目数 3-3
試験科目 《英、数、国※現、(理基、理→1)、(地歴、公→2)⇒3》
配点 総点300/英(100)/数(100)/国(100)/理(100)/地・公(100~200)
ボーダー
(得点/満点)
64%
(192/300)

(募集人員:推5)

共通テスト
教科・科目数 2-2
試験科目 《英、数、国※現、(理基、理→1)、地歴、公⇒2》
配点 総点200/英(100)/数(100)/国(100)/理(100)/地・公(100~200)
ボーダー
(得点/満点)
65%
(130/200)

(募集人員:推1)

共通テスト
教科・科目数 1-1
試験科目 《英、数、国※現、理基、理、地公⇒1》
配点 総点100/英(100)/数(100)/国(100)/理(100)/地・公(100)
ボーダー
(得点/満点)

(-/-)

(募集人員:推16)

<デッサン・イメージ型>

個別学力試験
試験科目 【実】《英、数ⅠA、国※現、他⇒1》#他は共通テストの高得点1科目
配点 総点500/英(100)/数(100)/国(100)/その他実400,他※100
ボーダー偏差値 40.0

<学科型>

個別学力試験
試験科目 《英、数ⅠA、国※現⇒2》#高得点科目400点、他100点
配点 総点500/英(100)/数(100)/国(100)
ボーダー偏差値 40.0

(募集人員:推3)

<デッサン・イメージ型>

個別学力試験
試験科目 【実】
配点 総点500/その他実500
ボーダー偏差値

<学科型>

個別学力試験
試験科目 《数ⅠA、国※現⇒1》
配点 総点500/数(500)/国(500)
ボーダー偏差値
  • ※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。