公立

名古屋市立大学

大学トップ

設置学部・学科一覧

  • 人文社会学部

    心理教育学科、 現代社会学科、 国際文化学科

  • 経済学部

    公共政策学科、 マネジメントシステム学科、 会計ファイナンス学科

  • 総合生命理学部

    総合生命理学科

  • 芸術工学部

    情報環境デザイン学科、 産業イノベーションデザイン学科、 建築都市デザイン学科

  • 医学部

    医学科

  • 薬学部

    薬学科、 生命薬科学科

  • 看護学部

    看護学科

キャンパス

滝子(山の畑)キャンパス

[人文社会・経済・総合生命理学部]

名古屋市瑞穂区瑞穂町字山の畑1

桜山(川澄)キャンパス

[医・看護学部]

名古屋市瑞穂区瑞穂町字川澄1

田辺通キャンパス

[薬学部]

名古屋市瑞穂区田辺通3-1

北千種キャンパス

[芸術工学部]

名古屋市千種区北千種2-1-10

沿革

1884年6月

名古屋薬学校を開学

1890年4月

愛知薬学校に改称

1931年7月

名古屋市民病院附属看護婦養成所を設置(名古屋市立大学看護学校の母体)

1931年10月

愛知高等薬学校を開学

1936年4月

名古屋薬学専門学校を開学

1943年

名古屋市立女子高等医学専門学校を設置

1943年4月

名古屋市民病院附属看護婦養成所を、

名古屋市立女子高等医学専門学校附属医院附属看護婦養成所と改称

1944年4月

名古屋市立女子高等医学専門学校附属医院附属看護婦養成所を

名古屋市立女子医学専門学校附属医院附属看護婦養成所と改称

1946年4月

名古屋薬学専門学校を名古屋市に移管、名古屋市立名古屋薬学専門学校に改称

1947年6月

名古屋女子医科大学を設置

1949年4月

名古屋薬科大学(新制)を開学、名古屋女子医科大学附属高等厚生女学校を設置

1950年4月

名古屋女子医科大学と名古屋薬科大学を統合し、名古屋市立大学を発足

(旧制医学部、新制薬学部)

名古屋女子医科大学附属高等厚生女学校を名古屋市立大学附属高等厚生女学校に改称

1952年4月

新制医学部(医学科)を設置

1955年4月

教養部を設置

1957年9月

名古屋市立大学附属高等厚生女学校を名古屋市立大学看護学校と改称

1961年3月

旧制医学部を廃止

1964年4月

経済学部(経済学科)を設置

1965年4月

教養部の一部および学生部を、田辺通キャンパスから山の畑キャンパスへ移転

1966年3月

薬学部を田辺通キャンパスへ統合

1968年4月

教養部を山の畑キャンパスへ統合

1970年4月

薬学部に製薬学科を設置

1971年4月

名古屋市立大学看護学校に第2科(夜間)を併設

1988年4月

名古屋市立大学看護学校と名古屋市立看護専門学校を統合し、

名古屋市立大学看護短期大学部を設置(看護学科)

1989年3月

名古屋市立大学看護学校の第2科を廃止

1990年3月

名古屋市立大学看護学校を廃止

1991年4月

経済学部に経営学科を設置

1996年3月

教養部を廃止

1996年4月

人文社会学部を設置(人間科学科、現代社会学科、国際文化学科)

芸術工学部を設置(視覚情報デザイン学科、生活環境デザイン学科)

※名古屋市立女子短期大学、名古屋市立保育短期大学、名古屋市立大学教養部を

統合・改組して、人文社会学部と芸術工学部が誕生

1999年4月

看護学部(看護学科)を設置

2002年3月

名古屋私立大学看護短期大学部を廃止

2005年4月

芸術工学部の学科をデザイン情報学科及び都市環境デザイン学科に改称

2006年4月

公立大学法人 名古屋市立大学を設立

薬学部を再編し、薬学科(6年制課程)、生命薬科学科(4年制課程)を設置

2007年4月

経済学部を再編し、公共政策学科、マネジメントシステム学科、会計ファイナンス学科を設置

2010年4月

芸術工学部の都市環境デザイン学科を建築都市デザイン学科に改称

2012年4月

芸術工学部を3学科に再編

(情報環境デザイン学科、産業イノベーションデザイン学科、建築都市デザイン学科)

2013年4月

人文社会学部を再編し、人間科学科を心理教育学科に改称

2018年4月

総合生命理学部総合生命理学科を設置(自然科学研究教育センターを改組)