河合塾グループ 河合塾
  1. 大学検索トップ
  2. 東邦大学
  3. 大学からのお知らせ
  4. 大学情報CloseUp
とうほう

東邦大学

  • 大学HP

大学情報CloseUp

東邦大学 理学部 物理学科

好奇心と探究心がさらに物理の学びをおもしろくする

物理とは書いて字のごとく、物の理を学ぶ学問です。その範囲は宇宙から物質の最小単位である素粒子まで果てしなく、物質の性質を探求し、応用への道を切り拓く領域まで、多岐にわたるアプローチがあります。東邦大学では学生個々の興味に添えるよう、それぞれの領域の第一線で活躍する経験豊富な教員陣を揃え、最先端の研究施設を用意して待っています。ぜび、皆さんの知的好奇心、探究心を満たす環境で、「なぜ?」「どうして?」という究極にシンプルな問いと向き合ってみませんか。

物理学を学ぶ

物理学とは、自然界の基本法則を探究する学問。原子よりもさらに微小な素粒子から宇宙までの広い範囲を対象とし、すべての理を解き明かしていきます。先人からの知のバトンを受け継ぎ、最新テクノロジーの進歩にも貢献できる魅力ある学問です。

学びの特長

高校物理から大学物理へステップアップ。基礎を積み重ねてから本格的な研究へ。

1、2年次は広範な物理学の基本的枠組みを体系的に学び、3年次以降は専門を絞っていくための効果的なカリキュラムを編成。4年次には学生個々が興味を持つ研究室に所属し、本格的な研究へと学びを進めていきます。当学科では「良い教育は良い研究によって支えられる」という理念のもと、幅広い領域にわたる研究室を整備。全教員が精力的に研究を行っており、最先端の研究を肌で感じながら学びを深められます。学内には複合物性研究センターをはじめとする研究設備が整っており、国内外における学外研究も活発に行われています。

研究室PICK UP1 宇宙 物理学教室
北山 哲 教授/関口 雄一郎 准教授

宇宙には無数の星々が存在しており、その中には太陽のような恒星だけでなく、ブラックホールや中性子星といった極限状態にある天体もあります。そして、さらにそれらが集まって銀河や銀河団などの大規模構造を構成しています。近年、史上初の重力波の直接検出やブラックホールの撮影を成し遂げている分野ですが、宇宙物理学教室では、こうした多様な天体階層がいかに成り立ち、宇宙の進化へとつながっているかという問題について理論的に研究を行っています。

研究室PICK UP2 素粒子 物理学教室
渋谷 寛 教授/小川 了 教授/中 竜大 講師

宇宙のあらゆるものを構成する基本粒子は何か。また、それらがどのように相互作用し合い、この世界が作られているのかを解明するために、宇宙・素粒子・原子核の分野にまたがる、さまざまな実験に取り組んでいます。これまで我々が理解してきた素粒子は、宇宙全体の5%に過ぎません。現在は標準理論を超えて残りの95%を占める暗黒物質や暗黒エネルギーの謎へとステージが移っており、その解明に挑戦していくことがこの研究室の大きなテーマとなっています。

研究室PICK UP3 物性 物理学教室
西尾 豊 教授/田嶋 尚也 教授/川椙 義高 講師

物質にはたくさんの電子が存在しますが、ある物質では電子が動いて電気が流れ、一方で有機物などは電気が流れないという違いが生じます。しかし、今でも電子について解明されていないことはたくさんあり、近年、普通は電気を通さないはずの物質が、ある状況下では電気抵抗がゼロになる、そのような新しい(高温)超伝導体が数多く発見され、注目されています。この研究室ではこうした物質の謎に迫っていきます。

2コース制

1、2年次を共通基礎教育期間とし、3年次に「物理エンジニアコース」と「物理ベーシックコース」のいずれかを選択。

物理エンジニアコース

JABEE認定の技術者養成プログラムで、技術士の第一次試験が免除されます。

物理ベーシックコース

必修科目が比較的少なく、他学科開講科目も含め多様な選択科目を履修できます。

JABEE認定基準適合

1999年11月に設立された技術者教育プログラムの審査・認定を行う非政府団体。この認定プログラムの修了生は国際基準の教育を受けた技術者として認められ、技術士の第一次試験が免除されます。2019年11月現在、物理・応用物理学関連分野でJABEE認定プログラムを持つのは東邦大学を含めて4大学のみです。

ページの先頭へ

ココも注目! 神岡宇宙素粒子研究施設

世界に誇る最先端の施設を見学!
学びを深め、視野を広げる大きなチャンスになります!

東邦大学理学部物理学科では、学生の学びの一助となり、さらなる好奇心を広げるきっかけや物理学の魅力の再発見につながるイベントとして、最先端の研究が行われている施設見学研修を実施しています。2019年度はノーベル賞授賞を支えた施設としても話題になったKamLAND、スーパーカミオカンデ、そして、稼働に向けて最終調整が行われている重力波望遠鏡KAGRAの3施設を見学しました。最先端の研究とはどのようなものかを肌で感じ取ってもらうことはもちろん、実際の学生の研究に役立つヒントを得たり、3年次までに参加すれば研究室選びに役立てられる企画でもあります。学生にとっては視野を広げる、あるいは将来につながる何かを感じ取る貴重なチャンスになっています。

ページの先頭へ

このページに関するお問い合わせ

大学・部署名 東邦大学 入試事務室
Tel 03-5763-6598
E-mail nyushi@toho-u.ac.jp

入試問い合わせ先

  • 【担当部署】
    入試事務室
    【電話番号】
    03-5763-6598
    【所在地】
    東京都大田区大森西5-21-16

デジタルパンフレット

(*「テレメール進学サイト」が提供している画面へ遷移します)

閉じる