私立

白百合女子大学

学びの特徴

※前年度情報を掲載中

文学部

注目ポイント

言語や文学、文化を広く学び、グローバルに通用する知性を身に付けます。言語運用能力の向上に加え、日本を含むグローバル世界を国際的な視点で比較研究します。少人数での演習では、ディスカッションやプレゼンテーションを繰り返し、発信力やコミュニケーション力を養います。

国語国文学科

日本文学・国語学・日本語教育を幅広く学べるカリキュラムを展開し、文学的感性と研究力を磨きます。全ての時代の日本文学から、歌舞伎や浮世絵などの伝統文化まで、一人ひとりの興味に応じて研究可能。国語学では、日本語を研究対象としてとらえ直し、客観的に分析。若者言葉や役割語、敬語や方言など、身近な言葉にも着目しながら、ことばの特徴や変遷を解き明かします。さらに日本語教育副専攻では、日本語の教授法を基礎から学びながら、異文化コミュニケーションについても考えます。

フランス語フランス文学科

フランス語の授業は、20人以下の少人数クラスで、レベル別に語学力を磨きます。初心者・既習者それぞれ自分に合ったレベルから学べ、2年生の約 90%が CEFR-A2(仏検準2級相当)以上のレベルに達しています。1年次から始まる演習形式の授業では、調査、研究の方法や発表の仕方など、大学での学びの基本(アカデミック・スキル)を身に付けます。また語学だけでなく、文学や芸術から映画やファッション、食文化、ポップカルチャー、サブカルチャーまで、多彩なフランス文化についても学べます。

英語英文学科

4技能の向上に加え、2年次からはじまる「 Integrated English 」の授業に特化。英語の思考力・表現力を発達させることを目的に、文献調査、インタビュー、レポート作成、プレゼンテーションのプロセスを全て英語で行います。3年次からは、希望のコースに分かれて、グローバルな教養を身に付けます。さらに、専門の学びを基盤に、希望に沿ったキャリア形成を支える体験型プログラムが選択可能。国内外での就業体験や課題解決型授業を通して、現場でのニーズを理解しながら、実践的なスキルを養います。

白百合女子大学文学部のサイトへ

ページの先頭へ

人間総合学部

注目ポイント

人間の本質を探究し、人への理解を深め、人々が豊かに生きるための手がかりを探ります。人間の原点である〈子ども〉から発想される文化、年齢によって変化する心のありよう、乳幼児期・児童期の教育・保育の在り方―それぞれの視点から人を知る学びを追求し、思考力や専門性を養います。

児童文化学科

児童文化を専門的に学ぶ国内でも珍しい学科で、人間の原点である〈子ども〉の文化を探究。本学科で扱う児童文化は、小さな子ども向けの文化に限らず、子どもと大人が共有する文化を対象としています。アニメやおもちゃ、ゲームなど、子どもの視点を生かした文化を手がかりに、ボーダーレス化・グローバル化する文化の多様性について考え、新しい文化の可能性を探ります。さらに、創作・制作の授業では、実際に物語やアニメーションを「作る」ことを通して、「表現」する力を身に付けます。

発達心理学科

心理学の基礎的な領域をはじめ、発達心理学、臨床心理学、発達支援までを総合的に学び、心の発達を科学的な観点から研究します。実験や面接、調査などの方法によって得られた情報を数値化し、心理統計学の手法を用いて分析。年齢の変化に応じて心がどのように発達・成長していくのかを正確に理解しながら、人が直面する心の問題の原因を探り援助する方法を学び、障害・疾病を抱える人やその家族の支援についても考えます。さらに国家資格「公認心理師」の養成カリキュラムにも対応。

初等教育学科

初年次から幼稚園教諭・保育士を目指す「幼児教育コース」と、小学校教諭を目指す「児童教育コース」に分かれて学びがスタート。2コースとも1年次から教育・保育現場での学びの機会を用意し、早期から現場での経験を重ねます。また実習前には、実際の教育・保育現場を想定した模擬授業・保育や指導案作成、実習後にはグループでの振り返りなど、事前事後指導も徹底。理論と実践を結びつけながら、子どもの目線に寄り添い、健やかな成長を促すことができる教育者・保育者を育てます。

白百合女子大学人間総合学部のサイトへ

ページの先頭へ

このページに関するお問い合わせ

大学・部署名 白百合女子大学 入試広報課
Tel 03-3326-8092
E-mail nyuko@shirayuri.ac.jp