私立

南山大学

奨学金制度

※2019年度実施情報

以下の内容は、株式会社旺文社の作成データです。
最新の情報は、下記「お問い合わせ先」に確認してください。

お問い合わせ先
学生課厚生係
TEL(052)832-3118
  • ※他に、「南山大学派遣留学生奨学金」制度がある
奨学金名 給付 南山大学給付奨学金
給付額 第1種:年額100万円、第2種:年額50万円
給付期間 1か年(毎年申請可)
他制度併用の可・不可 南山大学奨励奨学金および南山大学派遣留学奨学金のみ併用可
対象学年の制限 なし
申込時期 入学後の説明会(6月予定)に参加し、8月~9月に出願
採用人員 第1種:8名、第2種:44名
採用条件 6月開催予定の出願説明会への参加が必要。出願者のなかから一定の成績を修めていることを条件として、経済的困窮度の高い学生を採用
詳細を非表示詳細を表示
奨学金名 給付 南山大学友の会給付奨学金
給付額 第1種:年額100万円、第2種:年額50万円
給付期間 1か年
他制度併用の可・不可 南山大学奨励奨学金および南山大学派遣留学生奨学金のみ併用可
対象学年の制限 1年次生
申込時期 入学後の説明会(6月予定)に参加し、8月~9月に出願
採用人員 第1種:2名、第2種:9名
採用条件 6月開催予定の出願説明会への参加が必要。出願者のなかから一定の成績を修めていることを条件として、経済的困窮度の高い学生を採用
詳細を非表示詳細を表示
奨学金名 給付 南山大学同窓会給付奨学金
給付額 第1種:年額100万円、第2種:年額50万円
給付期間 1か年
他制度併用の可・不可 南山大学奨励奨学金および南山大学派遣留学生奨学金のみ併用可
対象学年の制限 卒業年次生
申込時期 入学後の説明会(6月予定)に参加し、7月に出願
採用人員 第1種:2名、第2種:6名
採用条件 6月開催予定の出願説明会への参加が必要。出願者のなかから一定の成績を修めていることを条件として、経済的困窮度の高い学生を採用
詳細を非表示詳細を表示
奨学金名 給付 南山大学創立50周年記念奨学金
給付額 第1種:年額70万円、第2種:年額35万円
給付期間 1か年
他制度併用の可・不可 南山大学奨励奨学金および南山大学派遣留学生奨学金のみ併用可
対象学年の制限 なし
申込時期 日本学生支援機構奨学金(緊急・応急採用)または南山大学随時奨学金に採用された翌年度の6月~7月に出願
採用人員 第1種:2名、第2種:6名
採用条件 前年度に日本学生支援機構奨学金(緊急・応急採用)または南山大学随時奨学金の貸与が決定した者のうち、一定の成績を修めていることを条件として、経済的困窮度の高い学生を採用
詳細を非表示詳細を表示
奨学金名 給付 南山大学奨励奨学金(成績優秀者)
給付額 年額20万円
給付期間 1か年(複数年度採用の場合あり)
他制度併用の可・不可 一部不可
対象学年の制限 2年次以上
採用人員 31名以内
採用条件 学業成績優秀者
選考方法 学内選考による
詳細を非表示詳細を表示
奨学金名 給付 南山大学奨励奨学金(学術・文化・スポーツ)
給付額 個人:年額30万円、団体:年額50万円
給付期間 1か年
他制度併用の可・不可
対象学年の制限 学術:2年次生以上、文化・スポーツ:なし
採用人員 制限なし
採用条件 学術、文化、スポーツ分野で顕著な成績を挙げた個人または団体
選考方法 学内選考による
詳細を非表示詳細を表示
奨学金名 貸与 南山大学随時奨学金
貸与額 当該学期の授業料・施設設備費・LL実習費相当額
貸与期間 原則2学期以内
他制度併用の可・不可
対象学年の制限 なし
申込時期および方法 随時。面談等により選考
採用人員 各学期50名
採用条件 家計急変のため授業料の支払いが困難になる等、不測の事態が発生した者
返還の方法 卒業後、本学指定の奨学ローンに借り換え、最長20年以内に返還。在学中に返還する場合は無利子
詳細を非表示詳細を表示