河合塾グループ 河合塾
  1. 大学検索トップ
  2. 慶應義塾大学
  3. 大学からのお知らせ
  4. 学部学科情報
けいおうぎじゅく

慶應義塾大学

  • 大学HP

学部学科情報

※今年度(2021年4月入学)情報を掲載中

文学部

人文社会学科

1年次は総合教育科目と外国語科目を中心に学び、2年次からは17専攻に分かれます。専攻の必修科目に加えて、自分の専攻以外の科目を興味に応じて自由に履修でき、専門分野に根ざしながら、広い視野に立った統合的思考力を養う教育を実践しています。

哲学系(哲学、倫理学、美学美術史学の各専攻)
  人間の知のあり方や真・善・美の世界を思想的に追求し、また現代社会的視点から考察します。

史学系(日本史学、東洋史学、西洋史学、民族学考古学の各専攻)
  歴史資料に基づき、古代から現代にいたるまでの人間や人間の営む社会のあり方を探究します。

文学系(国文学、中国文学、英米文学、独文学、仏文学の各専攻)
  文学作品や言語、芸能などを通じて、精神文化を探り、人間・文化・社会の本質に迫ります。

図書館・情報学系(図書館・情報学専攻)
  図書館学および情報処理理論を学びます。

人間関係学系(社会学、心理学、教育学、人間科学の各専攻)
  社会および人間の行動、心理を探究します。

慶應義塾大学文学部のサイトへ

ページの先頭へ

経済学部

経済学科

経済学部の教育目標は、経済学の基本原理に対してしっかりとした知見をもち応用・実践できる能力を養うこと、さらに、経済学だけに特化するのでなく、幅広い領域の学識を身につけた人材を育てることです。カリキュラムの特徴としては、1・2年次で幅広い知識と教養、経済学の基礎を⾝につけ、3・4年次で「ゼミナール(研究会)」「プロフェッショナル・キャリア・プログラム(PCP)」「研究プロジェクト」といった少人数クラスの多様な学びの場を利用して専門分野を本格的に学びます。PCPでは、英語による実践的な経済学教育を行うことで、国際社会で活躍できる人材育成をめざします。研究プロジェクトでは、学生自ら選んだテーマに関連した専門を持つ専任教員のもとで、1年間で論文を完成させます。さらに、一般選抜A方式(数学利用)・B方式(世界史Bまたは日本史B利用)という2つの入試方式に対応して「学びの入口」を2つ用意することで、学生一人ひとりが、より興味がある道にまず学習のウェイトを置ける環境となっています。その後4年間をかけて、経済学的思考の総合力を養うことができます。

慶應義塾大学経済学部のサイトへ

ページの先頭へ

法学部

注目ポイント

法学部は、複雑化する社会の全体像を俯瞰し、将来を展望する、幅広い知識と教養を身につけた人材を育成します。法律学科、政治学科の2学科からなり、所属する学科の科目を履修する他、両学科に共通する科目も学びます。

法律学科

憲法、民法、刑法を核として、国際取引法、知的財産法、環境法など社会的に注目されている新しい法現象に対応した科目も積極的に開講し、法律学を体系的に学べるように科目を配しています。社会人として社会現象を法律的にとらえる能力、すなわちリーガルマインドを育成します。

政治学科

個々の現象を全体との関連で思考する能力の養成をめざします。国家・政府に関連する問題を扱う政治学の伝統的研究を手掛ける一方で、隣接する社会科学と相関する新しい研究分野も追求しています。政治思想論、政治・社会論、日本政治論、地域研究・比較政治論、国際政治論の5系列を2年次から履修します。

慶應義塾大学法学部のサイトへ

ページの先頭へ

商学部

商学科

「実学の精神」に基づいて、産業社会が抱える問題を自ら発見し、解決案を提示し、実行する能力、そして高い倫理観と責任感を兼ね備えた新しい社会を創造できるリーダーの育成をめざします。同学の商学部は、他大学の商学部とは異なり、「商学」の研究対象を「現代の産業社会」全般ととらえているため、非常に幅広い分野に多様な教育・研究が展開されています。コアとなる分野は、経営学、会計学、商業学、経済・産業の4つのフィールドに分類されます。また、レベル別に4年間学べる外国語や、情報処理、数学、統計学なども重視しています。さらに、3~4年生を対象とした英語で行う選抜プログラム「GPP(Global Passport Program)」を開講しています。その目的は、「グローバルに活躍する人材に求められる高い知的レベル、チャレンジ精神、自立心や多様性に対する理解度を育むための教育の実践」にあります。理論に即し、現実社会を強く意識した教育を実践すべく、少人数形式のワークショップを必修としています。ワークショップは留学生も参加し、さらに外部の専門家講師が担当しています。これを通じ、多様性の高い環境下での適応能力、コミュニケーション力やリーダーシップの向上を目指します。

慶應義塾大学商学部のサイトへ

ページの先頭へ

医学部

医学科

医学部は北里柴三郎を初代学部長として発足した学部です。豊かな人間性と深い知性を有し、確固たる倫理観に基づく総合的判断力を持ち、生涯にわたって研鑽を続け、医学・医療を通して人類の福祉に貢献する人材を育成します。医師や医学者として必要な科学的、論理的思考力を育み、実践能力を身につけるために、6年間の履修科目の大半は専門教育科目で占められますが、1年次には、倫理的素養を高め、人間的な教養を深めるために、他学部の学生とともに基礎教育科目を修得します。また、1年次にも医療の現場を体験できる独自の授業EEP(Early Exposure Program)を設置。高齢者施設やリハビリテーション施設などで実習を行い、医療現場のスタッフの苦労や患者のニーズを実地に体験することで、医学・医療を学ぶ心構えを身につけるとともに、医療教育へのモチベーションを高めていきます。その他、同学独自のカリキュラムとして「自主学習」を設置。研究、臨床の第一線で活躍する教員の研究室に加わり、自分で選んだテーマで研究に挑戦することで、創造的な問題解決能力を養います。

慶應義塾大学医学部のサイトへ

ページの先頭へ

理工学部

注目ポイント

理工学部のキーワードは「創発(emerging)」。創発とは、新たな科学技術を生み出すために、お互いが協力・啓発し合い、より高次の成果を発現する、開かれた創造の場を意味します。理工学部では、各学科が自らの専門領域の研鑽に励むと同時に、学問の枠にとらわれない未知の学際領域の諸問題を、より自由に、より多面的に協同究明しています。 そうした研究環境が学生のフロンティア精神を育み、秘めた創造的能力を最大限に引き出しています。

理工学部には、機械工学科、電気情報工学科、応用化学科、物理情報工学科、管理工学科、数理科学科、物理学科、化学科、システムデザイン工学科、情報工学科、生命情報学科の11学科あり、第2学年進級時に学科を選択します(進級できる学科は入試の出願時点で選択した学門によって異なります)。

慶應義塾大学理工学部のサイトへ

ページの先頭へ

総合政策学部

注目ポイント

湘南藤沢キャンパス(SFC)にある総合政策学部と環境情報学部。この学部に所属する学生は、2つの学部を自由に行き来して学ぶことができます。強いて言えば、総合政策学部は「理に融合した文系」、環境情報学部は「文に融合した理系」となりますが、SFCではこの2つの学部を文・理に区別して考えていません。実社会の問題の多くは文・理どちらか一方だけでは解決できないからです。実際、多くの理系学生が総合政策学部に、多くの文系学生が環境情報学部に入学しています。

総合政策学科

総合政策学部は、問題の本質を発見し、政治、法律、経済、社会、文化、テクノロジー、心と体などさまざまな領域を取り込み、学生と教員が一体となって解決を目指しており、学生は国内外の現場に飛び込み、社会との関わりを直接に体験しながら学びを深めていきます。また、総合政策学部は、環境情報学部の授業や研究会を自由に学ぶことが可能。環境情報学部と一体となった160以上もの専門領域の研究会(ゼミ)を軸にした卒業プロジェクトで、学生一人ひとりの「学び」と「創造」を実現させます。

慶應義塾大学総合政策学部のサイトへ

ページの先頭へ

環境情報学部

注目ポイント

上記の総合政策学部で述べた通り、総合政策学部と環境情報学部の学生は、2つの学部を自由に行き来して学ぶことができます。両学部のカリキュラムは、進級・卒業の条件が一部異なるのみで大きな違いはありません。どちらの学部に所属しても双方の授業と研究会を履修できます。

環境情報学科

環境情報学部では、生命、心身の健康、環境とエネルギー、デザイン、防災やメディアなどの新しい課題に、先端のサイエンスと、総合政策学部と一体となった社会科学のアプローチを力に、21世紀のグローバル情報社会を創造できる人材を育成します。環境情報学部のコアとなる「研究会(ゼミ)」では、一人ひとりの学生が世の中に対して感じている疑問、日常の中での興味や関心などをテーマに、学年や学問領域にとらわれず、自分の研究に必要なカリキュラムを作ることができます。

慶應義塾大学環境情報学部のサイトへ

ページの先頭へ

看護医療学部

看護学科

現代の医療においては、保健・医療・福祉の3領域が、これまでのように単に連携するだけでなく、常に3領域の機能を一体化して考える、新しいシステムが求められています。同学部では、まさにこうした新しいシステムの開発を行い、看護学の発展に寄与することをめざしています。
日進月歩する看護・医療の変化、看護・医療を取り巻く環境の変化に対応できる人材育成のため、「基盤となる人間力」「看護・医療の専門的力」「連携・協働する力」「国際的に活動する力」「変化を起こす力」という5つの力を効果的に身につけられるように、「人間・社会科学領域」「健康科学領域」「看護科学領域」「統合領域」の4領域16分野で展開される多彩なカリキュラムを用意しています。 また、医学部・薬学部との合同教育プログラムを導入しており、医療系3学部の学生が互いに交流を深めつつ、医療を受ける人々を中心においた質の高い医療を提供するための、専門職連携のあり方を実践的に学びます。
また、保健師・助産師の養成についてよりきめ細やかに対応できる選択コース制を導入しています。

慶應義塾大学看護医療学部のサイトへ

ページの先頭へ

薬学部

注目ポイント

薬学に関する教育ならびに研究を行い、すぐれた薬剤師、卓越した創薬研究者を育成することを目的としている薬学部では、医薬品、食品、医療、環境分野などにおける人類の健康と福祉の増進に貢献することを社会的使命としています。また、薬学部・医学部・看護医療学部の医療系3学部では、将来チーム医療を担う人材をできるだけ早期から育成するため、3学部合同の「インターディシプリナリー教育」を行っています。

薬学科(6年制)

「科学の基盤をもった、人に優しい薬剤師を育成する」ことを教育の目標としています。「医療の担い手」として病院や薬局など医療の現場で活躍する薬剤師のほか、衛生行政、臨床研究・開発業務、治験などの分野で活躍できる人材にふさわしい教育を行います。

薬科学科(4年制)

「創薬、臨床開発、環境・生命科学など幅広い薬学の分野における卓越した研究者・技術者・教育者を育成する」ことを目標としています。また、大学や企業における薬品開発や研究に従事する研究者、教育者となるため大学院への進学を視野に入れて学ぶ学生のために、大学院への飛び入学制度も設けています。

慶應義塾大学薬学部のサイトへ

ページの先頭へ

このページに関するお問い合わせ

大学・部署名 慶應義塾大学 入学センター
Tel 03-5427-1566

入試問い合わせ先

  • 【担当部署】
    入学センター
    【電話番号】
    03-5427-1566
    【所在地】
    東京都港区三田2-15-45

デジタルパンフレット

(*「テレメール進学サイト」が提供している画面へ遷移します)

閉じる