国立

山口大学

大学トップ

設置学部・学科一覧

  • 人文学部

    人文学科

  • 国際総合科学部

    国際総合科学科

  • 経済学部

    経済学科、 経営学科、 観光政策学科

  • 教育学部

    学校-小学校総合、 学校-教育学、 学校-心理学、 学校-国際理解教育、 学校-幼児教育、 学校-特別支援教育、 学校-情報教育、 学校-国語、 学校-社会科、 学校-数学、 学校-理科、 学校-音楽、 学校-美術、 学校-保健体育、 学校-技術、 学校-家政、 学校-英語

  • 理学部

    数理科学科、 物理・情報科学科、 化学科 、 生物学科 、 地球圏システム科学科

  • 工学部

    機械工学科、 社会建設工学科、 応用化学科、 電気電子工学科、 知能情報工学科、 感性デザイン工学科、 循環環境工学科

  • 農学部

    生物資源環境科学科、 生物機能科学科

  • 共同獣医学部

    獣医学科

  • 医学部

    医学科、 保健-看護学、 保健-検査技術科学

  • 新設
  • 改組
  • 名称変更

キャンパス

吉田キャンパス

[人文・教育・経済・理・農・共同獣医・国際総合科学部]

山口市吉田1677-1

常盤キャンパス

[工学部]

宇部市常盤台2丁目16-1

小串キャンパス

[医学部]

宇部市南小串1丁目1-1

沿革

1815年4月

山口講堂を設立

1845年1月

山口講堂を山口講習堂に改称

1863年11月

山口講習堂を山口明倫館に改称

1870年11月

山口明倫館を山口中学校に改める

1874年4月

山口・岩国に教員試験所を開設

1874年10月

山口教員養成所及び同附属小学を設置

1877年3月

山口県教員養成所を山口県師範学校に改称

1883年6月

山口栽培試験場内に農事講習会を開設

1885年7月

農事講習所を廃し、山口農学校を開校

1886年3月

山口県師範学校を山口県尋常師範学校に改称

1886年11月

山口中学校を山口高等中学校とし、文部省の所管とする

1894年9月

山口高等中学校を山口高等学校(旧制)に改称

1895年4月

山口農学校を山口県農学校に改称

1899年8月

山口県農学校を山口県立農学校に改称

1901年5月

山口県農業学校を山口県立農業学校に改称

1905年4月

山口高等学校を山口高等商業学校に改称

1914年4月

山口県尋常師範学校を山口県山口師範学校に改称

県立室積工業学校を廃し、室積師範学校を創設

1919年4月

官立山口高等学校を開校

1920年4月

山口県女子師範学校改称と共に家事裁縫科教員養成所を併設

山口県室積師範学校を山口県女子師範学校に改称、山口県農業教員養成所が独立

1921年4月

家事裁縫科教員養成所を山口県立女子実業補習学校教員養成所に改称

山口県農業教員養成所を山口県立実業補習学校農業科教員養成所に改称

1924年4月

山口県農学校を山口県立小郡農業学校に改称

1935年4月

山口県立実業補習学校農業科教員養成所を山口県立青年学校教員養成所に改称

1937年3月

山口県立女子実業補習学校教員養成所を山口県立女子青年学校教員養成所に改称

1939年5月

文部省直轄諸学校官制改正で宇部高等工業学校を設置

1941年4月

山口県立女子青年学校教員養成所を山口県立青年学校教員養成所(新制)に併合

1943年4月

山口県山口師範学校・山口県女子師範学校を統合し、官立山口師範学校を設置

1944年1月

県立山口高等獣医学校を小郡に設置(山口高等獣医学校)

1944年3月

宇部高等工業学校を宇部工業専門学校に改称

1944年4月

山口県立医学専門学校を設立、官立移管され山口青年師範学校を設置

山口高等商業学校を山口経済専門学校に改称

1945年3月

県立山口高等獣医学校を山口獣医畜産専門学校に改称

1949年4月

山口県立医科大学の学部設置

1949年5月

山口大学を創設

文理学部、教育学部、経済学部、工学部、農学部

1951年3月

山口県立医学専門学校を廃止

1952年

山口県立獣医畜産専門学校を廃止

1952年4月

山口県立医科大学を設置

1953年

山口大学工業短期大学部を併設(機械科、工業化学科)

1954年

文理学部を山口市糸米から後河原に移転

1958年

工学部に電気工学科を設置

1963年

工学部に生産機械工学科を設置

1964年

工学部鉱山学科を資源工学科に改称

1964年4月

山口県立医科大学の国立移管により、山口大学医学部を発足

1966年

農学部が吉田キャンパスへ移転完了

1966年4月

教養部を設置、文理学部を改組、教育学部に養護学校教員養成課程を設置

1967年

農学部に農芸化学科を設置

1968年

文理学部が現在の山口市吉田キャンパスへ移転

1968年3月

山口県立医科大学を廃止

1969年

工学部に化学工学科を設置

1972年8月

教育学部が亀山団地から吉田団地(現在地)へ移転

1973年1月

経済学部校舎移転完了(亀山地区から現在地に)

1975年

工学部に電子工学科を設置

1975年4月

教育学部に幼稚園教員養成課程を設置

1977年4月

経済学部に国際経済学科を設置

1978年6月

文理学部の文学科を改組・拡充・整理し、人文学部を創設

文理学部の理学科を拡充し、

理学部を創設(数学科、物理学科、化学科、生物学科、地質学鉱物科学科)

1979年

山口大学医療技術短期大学部を開学、看護学科を設置

1980年

工学部に建設工学科を設置

1980年4月

経済学部に経済法学科を設置

1989年4月

教育学部に総合文化教育課程を設置

1990年

工学部の全学科および併設工業短期大学部を改組し、

機械工学科、応用化学工学科、社会建設工学科、電気電子工学科、

知能情報システム工学科、機能材料工学科を設置

機械工学科、社会建設工学科、電気電子工学科、知能情報システム工学科に

夜間主コースを設置

1991年

農学部の農学科・農芸化学科を「生物資源科学科」に改組

1993年

人文学部人文学科及び語学文学科を改組し、人文社会学科及び言語文化学科を設置

工業短期大学部を廃止

1994年4月

経済学部を経済学科・経営学科・国際経済学科大講座に改組

1995年

理学部を「数理科学科、自然情報科学科、化学・地球科学科」の3学科に改組

1996年

工学部に感性デザイン工学科を設置

1996年3月

山口大学大学改革により教養部を廃止

1996年4月

教育学部の小学校教員養成課程及び幼稚園教員養成課程を

「初等教育教員養成課程」へ改組

1998年4月

教育学部の教育学部初等教育教員養成課程・中学校教員養成課程・

養護学校教員養成課程を「学校教育教員養成過程、実践臨床教育課程、

情報科学教育課程、健康科学教育課程」へ改組

2000年10月

山口大学医療短期大学部が廃止され、医学部に保健学科を設置

2001年

農学部生物資源科学科を生物資源環境科学科、生物機能科学科に改組

2004年

国立大学法人山口大学となる

2005年4月

経済学部に観光政策学科を設置

2006年

工学部夜間主コースの学生募集停止

2006年4月

理学部を4学科に改組

「数理科学科、物理・情報科学科、生物・化学科、地球圏システム科学科」

2007年

工学部の応用化学工学科を応用化学科に、知能情報システム工学科を知能情報工学科に、

機能材料工学科を循環環境工学科に改組

2012年4月

山口大学と鹿児島大学が共同で共同獣医学部を新しく設置

2015年4月

国際総合科学部を設置、それに伴い教育学部・経済学部を改組

教育学部は5課程を1課程へ、経済学部は「経済学科、経営学科、観光政策学科」に再編

2016年4月

人文学部2学科を1学科に改組

2021年4月

理学部の生物・化学科を改組し、化学科及び生物学科を設置、5学科体制となる