国立

秋田大学

大学トップ

設置学部・学科一覧

  • 教育文化学部

    学校-教育実践、 学校-英語教育、 学校-理数教育、 学校-特別支援教育、 学校-こども発達、 地域文化学科

  • 国際資源学部

    資源政策、 資源地球科学、 資源開発環境

  • 理工学部

    生命科学科、 物質科学科、 数理・電気電子情報学科、 システムデザイン工学科

  • 医学部

    医学科、 保健-看護学、 保健-理学療法学、 保健-作業療法学

キャンパス

手形キャンパス

[教育文化・国際資源・理工学部]

秋田市手形学園町1番1号

本道キャンパス

[医学部]

秋田市本道1丁目1の1

沿革

1873年9月

秋田市上中城町旧城跡内に秋田伝習学校を開設

1874年3月

東根小屋町に校舎を新築し、秋田伝習学校を秋田太平学校と改称

1878年4月

秋田太平学校を秋田県師範学校と改称、小学師範科・女子小学師範科・速成科を設置

1878年12月

秋田県師範学校を秋田師範学校と改称

1880年5月

西根小屋町に秋田女子師範学校を設ける

1886年4月

秋田女子師範学校を本校に合併、女子教員養成部と改称

1886年8月

秋田師範学校を秋田県尋常師範学校と改称

1898年4月

秋田県尋常師範学校を秋田県師範学校と改称

1909年4月

女子部が独立、秋田県女子師範学校を創設

1909年9月

手形に校舎新築、男子師範学校を移転

1910年3月

秋田鉱山専門学校が創立(採鉱学科、冶金学科)

1924年3月

秋田県立農事試験場に秋田県立実業補習学校教員養成所を平置

1929年3月

秋田鉱山専門学校に鉱山機械学科及び燃料学科を設置

1935年4月

秋田県立実業補習学校教員養成所を秋田県立青年学校教員養成所と改称

1937年8月

秋田鉱山専門学校に臨時工業技術員養成科を設置

1938年6月

秋田県立青年学校教員養成所に臨時養成科を設置

1939年4月

秋田鉱山専門学校に機械技術員養成科を設置

1939年5月

秋田鉱山専門学校に電気科及び金属工業科を設置

1942年3月

秋田鉱山専門学校に採油科を設置

1943年4月

師範教育会の制定により、秋田県師範学校および秋田県女子師範学校は廃止となり、

秋田師範学校が創立

1944年4月

秋田鉱山専門学校に採鉱科を設置

師範教育令の一部改正により、秋田青年師範学校が創立

1945年4月

秋田県立女子医学専門学校を設置(1947年11月廃止)

1947年10月

秋田鉱山専門学校に通信教育部設置

1949年5月

国立学校設置法により、

秋田師範学校、秋田青年師範学校及び秋田鉱山専門学校を母体として

新教育制度における大学として発足

学芸学部、鉱山学部(鉱山学科、冶金燃料学科、鉱山電機学科)設置

1955年4月

鉱山学部に冶金学科、燃料化学科設置(冶金燃料学科の分離増設)

1959年4月

鉱山学部に鉱山機械学科、鉱山電気学科設置(鉱山電機学科の分離増設)

1960年4月

鉱山学部に採鉱学科、鉱山地質学科設置(鉱山学科の分離増設)

1961年4月

学芸学部の課程名称を甲類(高等学校・中学校教員養成課程)、

乙類(小学校・幼稚園教員養成課程)に改称

1962年4月

学芸学部の課程名称の四年課程甲類を中学校・高等学校教員養成課程に、

四年課程乙類を小学校・幼稚園教員養成課程に改称

1964年4月

鉱山学部に機械工学科、電気工学科設置(鉱山機械学科、鉱山電気学科の改称)

1966年4月

鉱山学部に鉱山土木学科設置

1967年

学芸学部の名称を教育学部に改称、鉱山学部に金属材料学科設置

1970年4月

医学部を設置、鉱山学部に土木工学科設置(鉱山土木学科の改称)

1973年4月

鉱山学部に電子工学科設置

1977年4月

鉱山学部に生産機械工学科設置

1981年4月

鉱山学部に資源化学工学科設置

1989年10月

秋田大学医療技術短期大学部を秋田大学に併設(看護学科を設置)

1990年4月

鉱山学部の改組により、

採鉱学科、鉱山地質学科、冶金学科、金属材料学科、燃料化学科、資源化学工学科を

「資源・素材工学科、物質工学科」に再編、情報工学科を設置

秋田大学医療技術短期大学部に理学療法学科及び作業療法学科を設置

1991年4月

鉱山学部を改組により、機械工学科、生産機械工学科、電気工学科、電子工学科

及び土木工学科を「機械工学科、電気電子工学科、土木環境工学科」に改組

1998年4月

教育学部及び鉱山学部を「教育文化学部、工学資源学部」に改組

工学資源学部に地球資源学科、環境物質工学科、材料工学科、情報工学科、

機械工学科、電気電子工学科、土木環境工学科設置

2002年10月

医療技術短期大学部を改組・転換し、医学部保健学科を設置

2004年4月

国立大学法人秋田大学を設置

2008年4月

工学資源学部に環境応用化学科、生命化学科設置(環境物質工学科の改組・再編)

2009年8月

秋田大学横手分校を開設

2010年11月

秋田大学北秋田市分校を開設

2013年9月

秋田大学男鹿なまはげ分校を開設

2014年4月

教育文化学部の地域科学課程・国際言語課程・人間環境課程を改組し、

「地域文化学科」を設置

工学資源学部の環境応用化学科、生命化学科、材料工学科、情報工学科、機械工学科、電気電子工学科、土木環境工学科を改組し、

「理工学部生命科学科、物質科学科、数理・電気電子情報学科、システムデザイン工学科」

を設置、国際資源学部を設置

2018年4月

教育文化学部地域文化学科を改組し、

「地域社会コース、国際文化コース、心理実践コース」を設置