河合塾グループ 河合塾
  1. 大学検索トップ
  2. 専修大学
  3. 大学からのお知らせ
  4. 学部学科情報
せんしゅう

専修大学

  • 大学HP

学部学科情報

※今年度(2022年4月入学)情報を掲載中

経済学部

現代経済学科

グローバルに通用するミクロ・マクロ両面の経済理論と、実証分析のツールとしての統計学を、基礎から段階を踏んで体系的に身につけたうえで、自らが関心を持った現実の経済問題を、データをもとに分析する力を養います。「経済政策」「企業産業」「金融」「経済理論」の4つのプログラムのいずれかを選択して系統的に深く学び、ゼミナールなどの充実した少人数教育で、表現力・コミュニケーション能力を身につけます。最近は、経済学の手法で様々な因果関係を分析し、それを活かした「根拠に基づく」政策立案や企業戦略の策定が世界の潮流になっています。こうした専門能力を以って、社会の中で自分の役割を発見し、社会に貢献する人材を育成します。

<3年次に選べる4つのプログラム>

経済政策プログラム/企業産業プログラム/金融プログラム/経済理論プログラム

生活環境経済学科

市民生活の基盤となる経済社会は、グローバル化や人口動態の変化などによって大きく変動します。生活環境経済学科では、地域・都市、自然環境、福祉システム、職場・雇用環境など、人びとの身近な生活環境の変容を経済理論、歴史および政策からなる経済学の多様な学びから習得します。そうした経済学の学びを基盤としたうえで、経済社会の変動が生み出す生活変化に感応的で「生活の質」の改善に取り組むことができる専門的な能力を身につけることができます。生活環境経済学科の卒業後には、民間企業や非営利団体などに所属して新規事業の企画や開発などの業務や、経済活動の管理・運営や諸課題を解決する業務に携わることにより、事業体の発展に寄与することが期待されます。また、市民活動等を通じて、市民として政策形成の推進に貢献することが期待されます。

<2年次に選べる4つのプログラム>

地域・環境プログラム/福祉・労働プログラム/社会経済史プログラム/経済システム・理論プログラム

国際経済学科

現代の国際社会を理解するには、国際協力のあり方や先進国と発展途上国の格差など、世界の多様な現実を学ぶ必要があります。国際経済学科では、学科独自の「海外特別研修」や「NGO論」、そして海外留学など、現地での体験から学ぶ機会を数多く用意しています。また、外国語も英語を中心に、ドイツ語、フランス語、中国語、スペイン語、コリア語、ロシア語を専門科目として学べるようにしています。国際経済学科で身につけた経済理論と語学力は、グローバル社会での活躍へとつながっていくに違いありません。

<2年次に選べる3つの研究科目群>

地域研究/比較研究/問題群研究

経済学科

経済学科では、経済学の主要な分野である「歴史」「理論」「政策」を体系的に学び、経済社会の成り立ちや仕組みを理解します。また、ゼミナールを中心とした学びの場でディスカッションを重ねることで、経済の本質や経済を動かす人の心にも深く迫っていきます。
1年次には「社会経済基礎」や「現代経済学入門」など経済学の理論的基礎となる科目を重視し、経済の全体像を見通す視野を鍛えます。2年次からは将来のキャリアをイメージしながら、幅広い経済の領域から自分でコースを選択し、より専門的に学んでいきます。

<2年次に選べる4つのコース>

歴史と発展コース/企業と情報コース/福祉と環境コース/市場と政府コース

専修大学経済学部のサイトへ

ページの先頭へ

法学部

法律学科

個人の自由が調和する新しい社会には、どんな“法”が必要だろうか

人が自由であるために、そして個人の自由が調和する社会の実現のために法は存在します。
この法とは何かを考え抜く精神がリーガルマインドです。
法律学科では、リーガルマインドを醸成し、新たな社会をつくる法の専門家となるために、幅広い視野と発想力を鍛えていきます。
論理学や哲学などの教養科目によって視野を広げつつ、めざす将来に応じた履修モデルを選択。
法律の専門職、公務員、企業法務、研究・教育者という4方向12の履修モデルで、幅広い興味にこたえます。

<12の履修モデル>

「法律専門職をめざす」法曹モデル/行政書士モデル/租税法務モデル
「公務員をめざす」国家公務員・地方公務員モデル/警察官・消防官モデル/裁判所事務官モデル
「企業法務をめざす」一般ビジネス法務モデル/金融ビジネス法務モデル/不動産・建設ビジネス法務モデル
「研究・教育者をめざす」外国の法と法の歴史モデル/国際関係法モデル/教職モデル

政治学科

公共の利益に貢献するために、政治とはどうあるべきだろう

政治学科では、政治の理論や歴史から、今まさに議論される経済格差、民族紛争、国際テロなどの現在の社会問題まで研究対象としています。
めざすは、自立した個人としての価値観を持ち、政治学を学んで培った政策能力により、公共利益のために貢献できる人材の育成です。
同大学科の最大の特徴は、半期ごとに完結する学びやすいカリキュラムと、少人数教育にあります。
2年次からは各コースで専門的研究の基礎を修得しつつ、選択コース以外の科目も履修して、自ら学びを広げていけます。

<2年次に選べる3つのコース>

政治理論・歴史コース/国際政治・地域コース/日本政治・政策コース

専修大学法学部のサイトへ

ページの先頭へ

経営学部

経営学科

経営学科では、企業を経営する立場から、企業の資源である「ヒト・モノ・カネ・情報」の経営を学びます。経営の知識は、活用できなければ役立ちません。そこで同大学科では、「経営とは何か」や、経営学が扱う領域といった基本を徹底的に身につけ、その後、インターンシップ(企業研修)などを通して企業経営の実態を体感。さらに、ビジネスの10のテーマ科目群のもと研究を深めることで、応用力を高めて、自ら経営を志す人や有能なビジネスパーソンを育成しています。

<10のテーマ科目群>

戦略マネジメント/グローバル・マネジメント/企業評価とファイナンス/企業活動と会計情報/人的資源と知識創造/ビジネス・ソリューション/ICTと情報マネジメント/企業と市場・社会/ベンチャー創造と事業継承/顧客満足とマーケティング

ビジネスデザイン学科

企業経営には2つの大きな使命があります。既存のビジネスをスケールアップすることと、もうひとつは新たなビジネスを生み出し続けることです。2019年度よりスタートするビジネスデザイン学科では、経営学の基礎的知識からスタートし、多くのベンチャービジネスや新商品・サービスの立ち上げの事例に学びながら、「ビジネス研究BD」など実践的な科目を通して、自分自身のアイデアを具現化する方法を身につけます。多彩な科目を将来の目的に応じて選択していくことで人々に求められるビジネスをデザイン(創造)して事業につなげ、広く社会に貢献できる力を養います。

専修大学経営学部のサイトへ

ページの先頭へ

商学部

マーケティング学科

マーケティング学科は、学生自らの興味や関心、卒業後の進路などを見据えながら、理論と実践の両面からビジネスを学んでいける学科です。同大学科では、これまでも「ビジネスインテリジェンス=ビジネス界における社会知性」を備えた人材を様々な分野で輩出してきました。近年では、半期で集中的に履修できるセメスター制や、時代の変化を見据えながらより専門性を高めた4コース制によって、同大学の21世紀ビジョンである「社会知性の開発」の一翼を担うとともに、「変化を先取りするビジネスパーソン」の育成をめざしています。

<2年次に選べる4つのコース>

マーケティングコース/ファイナンスコース/グローバルビジネスコース/マーケットアナリティクスコース

会計学科

会計学科は、1917(大正6)年に設置された計理科から長年にわたり会計学の教育研究を行ってきました。これまでに公認会計士や税理士をはじめ、すぐれた職業人や研究者を多数輩出しています。会計学科の科目は、現在の会計学研究のテーマを網羅するよう配置。半期で集中的に履修できるセメスター制の採用や、専門性を高め、将来の進路を考えた4つの履修モデルを参照しながら、会計学の各領域を系統的かつ体系的に学修していくことができます。質・量ともに充実したカリキュラムで、簿記1級や公認会計士、税理士などの難関資格をめざすことも十分可能です。実務の場から世界に発言できる力を持った人材をひとりでも多く輩出したいと考えています。

<4つの履修モデル>

会計プロフェッショナル/財務会計/管理会計/財務情報分析

専修大学商学部のサイトへ

ページの先頭へ

文学部

日本文学文化学科

日本文学文化学科では、文学、映画、演劇、マンガ、アニメーションなどを含む表現文化全般を研究対象に、選択の自由度が高いカリキュラムを編成。この幅広い学びの領域から熱中できる何かに出会えるはずです。また、ネットワークによる海外との共同授業では、イタリアやドイツ、韓国の学生から日本の作家や能・歌舞伎などについて意見を求められることや現地での評価を確かめることができます。さらに、現役作家による創作指導、出版社出身の教員による編集指導などユニークで実践的な授業も展開。作品を読み解くだけでなく、作品はどうつくられるのかという「創作」、作品が私たちのもとにどう届くのかという「メディア」もあわせて学べることは、同大学科の大きな特徴です。

英語英米文学科

本当の英語力を習得するには、異文化を理解することが重要です。英語英米文学科には、英語圏の文学、文化、言語学、英語教育など、英語研究の幅広い領域をカバーする教員がそろっています。英語力とともに異文化理解の礎となる深い専門知識と教養を養うことができます。また、カリキュラムは「きめ細かな指導」「参加型・発信型の授業の展開」「英語力と教養の充実」を特徴とし、2年次以降はコースに分かれ、早い段階から専門性を培うことができます。また、4か月程度の中期留学をしやすいカリキュラム構成になっています。ぜひ留学に挑戦し、英語圏の文化の中で身につけた英語と知識を確かめ、多様な価値観を受け入れる力を自分の中に育ててください。

<2年次に選べる2つのコース>

英語コミュニケーションコース/英語文化コース

哲学科

哲学科では、高校までなかった科目「哲学」を身近に感じてもらえるよう、1年次には哲学科の教員全員が交替で哲学の考え方を分かりやすく解説していきます。また、西洋やインド、中国、日本などの各地の哲学を広く、深く学ぶための講義群、ならびに、芸術やアート、宗教や社会など文化一般について広く学ぶための講義群を多数用意。「こんなことも哲学になるのか」という驚きとともに学べるように、自分の学びたい分野を見つけやすいカリキュラム編成になっています。ゼミナールを中心とした少人数教育の場で、自分の考えを言葉で表し、相手に伝えることに挑んでいきましょう。そこで得た思考の方法と基礎体力は、社会に出たときの力強い味方になってくれるはずです。

歴史学科

歴史学は、どのような人が、どこで何を考えて行動したかを考えることが重要になります。例えば、日本は17世紀に磁器をつくり欧州に輸出しますが、これはその技術を持った中国が内乱で疲弊し、同じく朝鮮は秀吉によって蹂躙(じゅうりん)されたことに遡ります。こうした関連性を見るためには、地域や時代を限定せず、より広い視野から歴史をとらえる姿勢が不可欠になります。世界の様々な国がどのように連動し、ひとつの出来事が次の時代に何を引き起こしていくのか。地域的なつながりと時代の連続性を理解したうえで、関心を持った時代やテーマを深く掘り下げていきましょう。それは過去という異文化と対話し、現代に通じる知恵を得る、胸が躍る体験になるはずです。

環境地理学科

環境問題の多くは原因がひとつではなく、様々な要因とリンクしています。地理学では、まず現状を調査・理解し、多様な専門知識をコーディネートして、解決策を探っていきます。この解決方法を習得するために、環境地理学科では、ヒートアイランド現象や森林破壊、異常気象や自然災害、また、都市の過密と農村の過疎、文化景観の破壊など様々な課題に広い視野から取り組み、自然環境と社会環境の両面からバランスよく学べるカリキュラムを設定しています。特に、大切にしているのはフィールドワーク。自らフィールドを歩き、観察し、人々の話を聴くことで問題への理解を深め、考える。こうして培った力は、社会のあらゆる課題解決に有効なアプローチとなるはずです。

ジャーナリズム学科

国際化・情報化が高度に進んだ現在、私たちのまわりには虚実様々な情報が溢れています。
2019年度から新しくなるジャーナリズム学科では、世界の国々や地域社会、あるいはメディアの世界で起きている現実を深い問題意識をもって理解し、“自分の言葉で他者と対話する力”を身につけます。
報道やメディア製作における理論と実践の両輪を多くのフィールドワーク等を通して学ぶとともに情報資源の文化としての専門的活用や、スポーツインテリジェンスの分野にも広くアプローチ。
氾濫する情報の中から真実を見抜く目を養い、独自の創造性と批判精神に富んだ実践力のある情報スペシャリストをめざします。

<2年次に選べる4つの学びの柱>

ジャーナリズム/情報文化アーカイブ/メディアプロデュース/スポーツインテリジェンス

専修大学文学部のサイトへ

ページの先頭へ

人間科学部

心理学科

心理学には、人間の心の仕組みを実験や観察によって確かめる基礎心理学と、カウンセリングなどの実践に取り組む臨床心理学がありますが、このどちらにも偏らず学べることが専修大学の心理学科の特徴です。現代心理学の認知、学習、発達、社会、臨床など、心理学の幅広い分野を偏りなく、系統的に学べるように科目を用意し、脳波測定や動物実験などの基礎・実験系から、カウンセリングなど臨床系の科目まで広範な領域を学ぶことができます。カウンセリング実習や心理アセスメントの実習のほか、施設の見学やグループワークなど実践的な学びも充実。この学びの環境から、心の問題に悩む人を支援するときも、思いつきや権威に頼らず科学的に対処できる人材を育てます。

社会学科

人々の生活の場を対象に、人の意識や行為を学ぶのが社会学の基本です。自ら問を立て、現場でフィールドワークやアンケートを使ったデータ収集を行い、仲間との議論を通して、独自の解を導きつつ、社会は同質でないことや自らも多様な社会の一員であることを認識します。社会学科は、専門科目数・専任教員数ともに社会学系学科を持つ大学の中でも屈指の規模です。将来の進路にあわせて選べる3つの研究・学修領域を用意しており、学生は一つの領域を軸に学びますが、同時にそれ以外の領域も柔軟に学ぶことで視野を広げ、自らの研究を深めていきます。社会を多面的にとらえ、社会に対して働きかけができる人材育成が社会学科の目標です。人々の生活の場を対象に、人の意識や姿を学ぶのが社会学の基本です。自ら立てた問いに対して、現場で聴き取り調査を行い、その声から仲間と議論し、独自の解を導く。こうしたフィールドワークを通して、社会は同質ではないことや自らも多様な社会の一員であることを認識するでしょう。社会学科は、専門科目数・専任教員数ともに社会学系学科を持つ大学の中でも屈指の規模です。幅広い専門科目群から将来の進路を想定して学ぶために3つの系を用意していますが、他の系にも視野や関心を柔軟に広げ、得た知識を自分の専門領域にフィードバックして研究を深めることができます。社会を多面的にとらえ、社会に対して働きかけることのできる人材育成が同大学科の目標です。

<3つの研究・学修領域>

文化・システム系/生活・福祉系/地域・エリアスタディーズ系

専修大学人間科学部のサイトへ

ページの先頭へ

国際コミュニケーション学部

日本語学科

日本語学科では、世界に数ある言語の一つとしての日本語という視点で客観的に学ぶことで、国際的な視点を養います。

<7つの履修モデル>

国語教員志向型/日本語専門職志向型/社会言語学重点型/コーパス日本語学重点型/古典日本語重点型/日本語教師志向型/多言語学習重点型

異文化コミュニケーション学科

異文化コミュニケーション学科では、言語や文化の多様性に深い理解を持ち、複数言語によるコミュニケーション能力を発揮して国際社会に貢献できる人材の育成を目指します。

<3つの専門分や>

文化研究重点型/コミュニケーション研究重点型/地域研究重点型

専修大学国際コミュニケーション学部のサイトへ

ページの先頭へ

ネットワーク情報学部

ネットワーク情報学科

社会の様々な場面でITを駆使した課題解決が求められている時代。ネットワーク情報学科では、多様な興味・関心に応じて学べるカリキュラムと実践的な教育によって、高度な技術力を現実に活かせる情報プロフェッショナルを育成しようとしています。特に3年次に取り組む「プロジェクト」では、学生主体のグループワークを通して、チームで成果を出すプロセスを体得することがねらいです。また、将来の目的にあわせて、より高度な情報学を身につけられるよう、2つのコースと6つのプログラムも用意しています。4年間の様々な実践を通して、どんな時代にも対応できる「自ら学び続ける力」を鍛え、ITを通してより良い社会や暮らしづくりに貢献できる人材を育てます。

<専門性を極める6つのプログラム>

【Sコース:データと数理に基づいて問題分析・解決を行う】
ネットワークシステム/データサイエンス
【Dコース:ユーザとの対話に基づいて問題発見・解決を行う】
コンテンツデザイン/メディアコミュニケーション/フィジカルコンピューティング/ITビジネス

専修大学ネットワーク情報学部のサイトへ

ページの先頭へ

このページに関するお問い合わせ

大学・部署名 専修大学 入学センターインフォメーション
Tel 神田キャンパス:044-911-0794
生田キャンパス:03-3265-6677

入試問い合わせ先

  • 【担当部署】
    (文・経済・経営・ネットワーク情報・人間科学部)入学センターインフォメーション
    【電話番号】
    044-911-0794
    【所在地】
    神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1
  • 【担当部署】
    (法・商・国際コミュニケーション学部)入学センターインフォメーション
    【電話番号】
    03-3265-6677
    【所在地】
    東京都千代田区神田神保町3-8
  • 専修大学
  • 専修大学資料請求

デジタルパンフレット

(*「テレメール進学サイト」が提供している画面へ遷移します)

閉じる