河合塾グループ 河合塾
  1. 大学検索トップ
  2. 東洋大学
とうよう

東洋大学

  • 大学HP

大学トップ

ページの先頭へ

設置学部・学科一覧

文学部
哲学科、 東洋思想文化学科、 日本文学文化学科、 英米文学科、 史学科、 教育-人間発達、 教育-初等教育、 国際文化コミュニケーション学科
文(第2部)学部
東洋思想文化学科、 日本文学文化学科、 教育学科
社会学部
社会学科、 国際社会学科、 社会福祉学科、 メディアコミュニケーション学科、 社会心理学科
社会(第2部)学部
社会学科
国際観光学部
国際観光学科
国際(イブニング)学部
国際-地域総合専攻
国際(昼間)学部
グローバル・イノベーション学科、 国際-国際地域専攻
法学部
法律学科、 企業法学科
法(第2部)学部
法律学科
経済学部
経済学科、 国際経済学科、 総合政策学科
経済(第2部)学部
経済学科
経営学部
経営学科、 マーケティング学科、 会計ファイナンス学科
経営(第2部)学部
経営学科
理工学部
機械工学科、 生体医工学科、 電気電子情報工学科、 応用化学科、 都市環境デザイン学科、 建築学科
生命科学部
生命科学科、 応用生物科学科
食環境科学部
食-フードサイエンス、 食-スポーツ・食品機能、 健康栄養学科
ライフデザイン学部
生活-生活支援学、 生活-子ども支援学、 健康スポーツ学科、 人間環境デザイン学科
総合情報学部
総合情報学科
情報連携学部
情報連携学科

ページの先頭へ

キャンパス

白山キャンパス
[文・経済・経営・法・社会・国際・国際観光学部]
文京区白山5-28-20
川越キャンパス
[理工・総合情報学部]
川越市鯨井2100
板倉キャンパス
[生命科学・食環境科学部]
邑楽郡板倉町泉野1-1-1
赤羽台キャンパス
[情報連携・ライフデザイン学部]
北区赤羽台1-7-11
朝霞キャンパス
朝霞市岡48-1

キャンパス所在地

ページの先頭へ

沿革

1887年

井上円了が本郷区龍岡町の麟祥院内に私立哲学館(東洋大学の前身)を創立

→1903年 私立哲学館大学と改称→1906年 私立東洋大学と改称

1916年

女子の入学を許可する(男女共学の先駆となる)

1928年

大学令による東洋大学の設置が認可される

1949年

新制大学に移行し、文学部を設置

1950年

経済学部、短期大学部を設置

1952年

法経学部を設置/1956年 法学部を設置/1959年 社会学部を設置

1961年

川越キャンパスを開設し、工学部を設置

1964年

通信教育部を設置/1966年 経営学部を設置

1977年

朝霞キャンパスを開設

1994年

工学部で10月入学制度を導入

1997年

板倉キャンパス開設、国際地域学部・生命科学部を設置

2005年

朝霞キャンパスにライフデザイン学部を設置

2006年

経営学部会計ファイナンス学科、ライフデザイン学部人間環境デザイン学科設置

2008年

経済学部社会経済システム学科を総合政策学科に改称

文学部第1部教育学科に人間発達専攻および初等教育専攻の2専攻を設置

2009年

工学部を再編し理工学部を設置

川越キャンパスに総合情報学部を設置

生命科学部に応用生物科学科、食環境科学科を設置

ライフデザイン学部生活支援学科に生活支援学専攻・子ども支援学専攻を設置

国際地域学部を白山第2キャンパスに移転

2010年

国際地域学部国際地域学科を2専攻とし、地域総合専攻(イブニングコース)を設置

2013年

板倉キャンパスに食環境科学部を設置、国際地域学部が白山キャンパスに移転

文学部に東洋思想文化学科を設置

2017年

赤羽台キャンパスを開設、赤羽台キャンパスに情報連携学部、情報連携学研究科を設置

白山キャンパスに国際学部、国際観光学部を設置、文学部に国際文化コミュニケーション学科を設置

2021年

ライフデザイン学部・ライフデザイン学研究科が赤羽台キャンパスに移転

社会学部に国際社会学科を設置

ページの先頭へ

入試問い合わせ先

  • 【担当部署】
    入試部
    【電話番号】
    03-3945-7272
    【所在地】
    東京都文京区白山5-28-20
  • 東洋大学

デジタルパンフレット

(*「テレメール進学サイト」が提供している画面へ遷移します)

閉じる

一緒に見られた大学