私立

高千穂大学

入試対策情報

※前年度情報を掲載中

英語

2021年度入試の問題分析

2021年度の問題は大問5題から構成されており、第1問(400語程度の長文)、第2問(4択文法問題)、第3問(同義語選択)、第4問(会話文問題)、第5問(整序英作文)という構成である。これは毎年変わらない形式である。第1問の長文問題については特に難解な語句は含まれず、教科書レベルの英文をきちんと一文一文読む力があれば、十分対応できるといえるだろう。空所補充問題が5問、内容一致問題が5問という形式である。内容一致の問題では、本文の該当箇所を正しく捉えることができれば確実に高得点が狙えるはずである。また、空所補充の問題では、接続詞・前置詞・関係詞などの知識がないと解けないものが多いので、そういった単元の理解に不安がある人は、しっかりと各表現の意味と「英文のなかでどのような形で使われるのか」ということを意識して学習することを心がけよう。第2・4・5問はかつてのセンター試験第2問と同じような形式で出題される。日頃から様々な文法・語法問題に取り組み、多様な問題の形式に慣れておくことも重要となる。

2022年度入試対策・学習アドバイス

精読力を強化しよう

第1問の長文読解問題は、語彙(ごい)・構文レベルも基本レベルのものが多く、設問も難解なものはほとんどない。高校の英語の授業で扱うリーディングの教科書を使って、SVOCを取りながら、一文一文丁寧に訳せるかどうか確認していこう。その際、文と文をつなぐ接続語や関係詞の使われ方などに注意を払い、「なぜそのような訳になるのか」ということを、根拠を持って答えられるようにしていこう。また、語彙(ごい)についても、教科書に出てくるものを完璧にすることを優先していくとよいだろう。内容一致問題については、共通テスト形式の問題を演習として活用することができる。解答を選ぶ際に、必ず本文中での「解答の根拠」になると思う部分をマークし、答え合わせのときにその箇所が実際の解答根拠と一致しているかを確かめる習慣をつけていくことが肝要である。

構文・熟語の知識を身につけよう

第1問の長文読解の空所補充や第2問の4択問題、第5問の整序問題などで、構文や熟語に関する知識問題が多く見られる(have no choice but to V:「Vせざるをえない」/on Ving:「Vするとすぐに」など)。受験生(特に現役生)のなかには、「単語は勉強したけれど、熟語や構文はあまり勉強できていない」という状態で入試に臨む人が少なくない。文法問題集に載っている基本的なものを確実にマスターすること、そして長文を読むなかで出合った熟語や構文などをその都度チェックして覚える、ということを心がけよう。

会話文問題の練習をしておこう

第4問で5問の会話文問題が出題されている。対話文の中の空所に入る表現を選ぶというオーソドックスな問題で、難解な会話表現が出てくるわけではないが、一つひとつの対話がそれなりの分量のあるもの(5〜7行程度)なので、対話を読んでスムーズに流れが捉えられているか確認していこう。会話文問題を苦手とする受験生は多い。空所の前後の発言をよく見ながら、慎重に選択肢を選ぶ練習をしよう。かつてのセンター試験の会話文問題などが対策として活用できるだろう。