河合塾グループ 河合塾
  1. 大学検索トップ
  2. 聖隷クリストファー大学
  3. 大学からのお知らせ
  4. 入試対策情報
せいれいくりすとふぁー

聖隷クリストファー大学

  • 大学HP

入試対策情報

※前年度情報を掲載中

英語

2021年度入試の問題分析

2021年度は大問が7題で変更なし。2020年度は解答方式が択一式と一部記述式であったが、すべて択一式に変更され、また一部問題の形式にも変更があった。Iは短文の空所補充問題で、基本的な文法・語法や単語・熟語の意味を問うものがほとんどで、標準的な難易度。IIは日本語訳がない語句整序問題で、標準的な文法や構文を用いて英文を組み立てることができる。IIIは、2020年度は同義文に書き換える際に空所に単語1語を記述する問題だったが、英文中の下線部と近い意味の語句や文を選択する問題に変更された。難易度は標準。IVは英文の空所に語句を補充する問題で、空所の数よりも選択肢の数が多いのが特徴的で、文の構造と単語の意味と品詞を考慮して解答を決めることになる。VとVIが長文読解問題で、英問英答の形式になっている。長文の難易度はいずれも標準レベルで、ボキャブラリーや文法・語法の基本的な知識を用いて英文を読解することで十分に対応できる。VIIは同意語を選択する問題で、この問題も選択肢の数が設問の数より多くなっている。

2021年度入試対策・学習アドバイス

ボキャブラリー、文法・語法の土台を安定させよう

短文・長文の空所補充問題や語句整序問題は、ボキャブラリーや文法・語法の標準的な知識だけではなく、文構造の把握や文意の理解も求められる。文法の知識を頭に入れるだけではなく、それらを使うことができるように学習を続けることが重要だ。また普段の学習で単語を覚える場合に、意味とスペルを覚えるのはもちろん、ほかの語句との組み合わせも意識して覚えるようにしよう。このような学習は英文を読む際の土台になり、長文読解問題を解く場合にも大いに役に立つ。英文中の空所補充問題は、過去問と他大学の似た形式の問題の演習を繰り返すことで解答を決める方法を身につけ、解くスピードを上げていくとよい。2021年度から出題された下線部と近い意味の語句や文を選択する問題は、イディオムや慣用表現を尋ねていて、市販の熟語集で十分に対応できる基本的な問題だ。なお同意語を選択する問題は、普段のボキャブラリーの学習で十分に対応することができる。

標準的な長文で精読・速読力をつけよう

長文読解問題は2021年度にはすべて択一式の問題に変更になり、T(True)、F(False)を選ぶ内容一致問題が新たに出題された。英文のレベルや設問は標準的な難易度である。設問の正解の選択肢は本文の該当部分の言い換えになっていることが多い。文脈を捉えながら英文を読み、解答の根拠を確実に押さえてから、解答を導くようにしてほしい。長文読解問題は、基本的なボキャブラリー、文法・語法の知識を持っていることが前提となる。問題数が多いので、英文を読み、解答を出すスピードはとても大切である。単語・熟語集の学習に加えて、普段学習する英文に出てくる単語・熟語や文構造を確認して覚えながら、英文の精読を継続することによって、徐々に速読ができるようになっていく。同じ長文を何度も音読することも効果的である。過去問や英文のレベルと設問の傾向が似ている長文問題を読み込み、演習を繰り返すことが効果的な対策となるだろう。

入試問い合わせ先

  • 【担当部署】
    入試・広報センター
    【電話番号】
    053-439-1401
    【所在地】
    静岡県浜松市北区三方原町3453

デジタルパンフレット

(*「テレメール進学サイト」が提供している画面へ遷移します)

閉じる

一緒に見られた大学