河合塾グループ 河合塾
  1. 大学検索トップ
  2. 愛知工業大学
  3. 一般選抜
  4. 入試科目
あいちこうぎょう

愛知工業大学

  • 大学HP

入試科目

※2024年度入試

経営学部
経営情報システム専攻 スポーツマネジメント専攻

経営情報システム専攻

1期C方式-テ (募集人員:3)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、数、国※現、(理基、理→1)、(地歴B、公→2)⇒3》#英か数を含むこと#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

57%
(171/300)

300

(100)

(100)

(100)

(100)

(100~200)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

2期C方式-テ (募集人員:3)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、数、国※現、(理基、理→1)、(地歴B、公→1)⇒2》#英か数を含むこと#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

200

(100)

(100)

(100)

(100)

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

3期C方式-テ (募集人員:1)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、数、国※現、(理基、理→1)、(地歴B、公→2)⇒3》#英か数を含むこと#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

300

(100)

(100)

(100)

(100)

(100~200)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

共通テスト+-テ (募集人員:14)

<文系>

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、(数Ⅰ、数A→1)、国※現、地歴B、公⇒2》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

51%
(102/200)

200

(100)

(100)

(100)

 

(100~200)

個別学力試験 試験科目
《英、数ⅠA、国※現、日B、現社⇒1》
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

42.5

200

(200)

(200)

(200)

 

(200)

 

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

<理系>

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、数、(理基、理→1)⇒2》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

51%
(102/200)

200

(100)

(100)

 

(100)

 

個別学力試験 試験科目
《英、数ⅢB、物、化⇒1》
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

42.5

200

(200)

(200)

 

(200)

 

 

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

A方式 (募集人員:16)

<文系>

個別学力試験 試験科目
【英】《数ⅠA、国※現、(日B、現社→1)⇒2》#他に最高得点重視型あり
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

45.0

600

200

(200)

(200)

 

(200)

 

<理系>

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#他に最高得点重視型あり
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

45.0

600

200

200

 

200

 

 

M方式 (募集人員:14)

<文系>

個別学力試験 試験科目
【英】《数ⅠA、国※現、(日B、現社→1)⇒2》#合否には高得点2教科を利用
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

45.0

400

200

(200)

(200)

 

(200)

 

<理系>

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#合否には高得点2教科を利用
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

45.0

400

200

200

 

200

 

 

                      

スポーツマネジメント専攻

1期C方式-テ (募集人員:2)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、数、国※現、(理基、理→1)、(地歴B、公→2)⇒3》#英か数を含むこと#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

66%
(198/300)

300

(100)

(100)

(100)

(100)

(100~200)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

2期C方式-テ (募集人員:1)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、数、国※現、(理基、理→1)、(地歴B、公→1)⇒2》#英か数を含むこと#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

200

(100)

(100)

(100)

(100)

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

3期C方式-テ (募集人員:1)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、数、国※現、(理基、理→1)、(地歴B、公→2)⇒3》#英か数を含むこと#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

300

(100)

(100)

(100)

(100)

(100~200)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

共通テスト+-テ (募集人員:5)

<文系>

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、(数Ⅰ、数A→1)、国※現、地歴B、公⇒2》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

60%
(120/200)

200

(100)

(100)

(100)

 

(100~200)

個別学力試験 試験科目
《英、数ⅠA、国※現、日B、現社⇒1》
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

42.5

200

(200)

(200)

(200)

 

(200)

 

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

<理系>

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、数、(理基、理→1)⇒2》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

60%
(120/200)

200

(100)

(100)

 

(100)

 

個別学力試験 試験科目
《英、数ⅢB、物、化⇒1》
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

42.5

200

(200)

(200)

 

(200)

 

 

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

A方式 (募集人員:6)

<文系>

個別学力試験 試験科目
【英】《数ⅠA、国※現、(日B、現社→1)⇒2》#他に最高得点重視型あり
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

42.5

600

200

(200)

(200)

 

(200)

 

<理系>

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#他に最高得点重視型あり
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

42.5

600

200

200

 

200

 

 

M方式 (募集人員:4)

<文系>

個別学力試験 試験科目
【英】《数ⅠA、国※現、(日B、現社→1)⇒2》#合否には高得点2教科を利用
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

42.5

400

200

(200)

(200)

 

(200)

 

<理系>

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#合否には高得点2教科を利用
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

42.5

400

200

200

 

200

 

 

                      
工学部
電気-電気工学 電気-電子情報工学 応用-応用化学 応用-バイオ環境化学 機械-機械工学 機械-機械創造工学 社会-土木工学 社会-都市デザイン 建築-建築学 建築-住居デザイン

電気-電気工学

1期C方式-テ (募集人員:10)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、国※現、地歴B、公⇒1》《数》《理基、理⇒1》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

56%
(168/300)

300

(100)

100

(100)

100

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

2期C方式-テ (募集人員:3)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、国※現、理基、理、地歴B、公⇒1》《数》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

200

(100)

100

(100)

(100)

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

3期C方式-テ (募集人員:1)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、国※現、地歴B、公⇒1》《数》《理基、理⇒1》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

300

(100)

100

(100)

100

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

共通テスト+-テ (募集人員:20)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、数、(理基、理→1)⇒2》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

49%
(98/200)

200

(100)

(100)

 

(100)

 

個別学力試験 試験科目
《英、数ⅢB、物、化⇒1》
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

42.5

200

(200)

(200)

 

(200)

 

 

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

A方式 (募集人員:31)

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#他に最高得点重視型あり
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

45.0

600

200

200

 

200

 

 

M方式 (募集人員:22)

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#合否には高得点2教科を利用
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

45.0

400

200

200

 

200

 

 

                      

電気-電子情報工学

1期C方式-テ (募集人員:10)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、国※現、地歴B、公⇒1》《数》《理基、理⇒1》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

55%
(165/300)

300

(100)

100

(100)

100

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

2期C方式-テ (募集人員:3)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、国※現、理基、理、地歴B、公⇒1》《数》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

200

(100)

100

(100)

(100)

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

3期C方式-テ (募集人員:1)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、国※現、地歴B、公⇒1》《数》《理基、理⇒1》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

300

(100)

100

(100)

100

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

共通テスト+-テ (募集人員:20)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、数、(理基、理→1)⇒2》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

53%
(106/200)

200

(100)

(100)

 

(100)

 

個別学力試験 試験科目
《英、数ⅢB、物、化⇒1》
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

42.5

200

(200)

(200)

 

(200)

 

 

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

A方式 (募集人員:31)

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#他に最高得点重視型あり
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

47.5

600

200

200

 

200

 

 

M方式 (募集人員:22)

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#合否には高得点2教科を利用
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

45.0

400

200

200

 

200

 

 

                      

応用-応用化学

1期C方式-テ (募集人員:5)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、国※現、地歴B、公⇒1》《数》《理基、理⇒1》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

59%
(177/300)

300

(100)

100

(100)

100

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

2期C方式-テ (募集人員:2)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、国※現、理基、理、地歴B、公⇒1》《数》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

200

(100)

100

(100)

(100)

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

3期C方式-テ (募集人員:1)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、国※現、地歴B、公⇒1》《数》《理基、理⇒1》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

300

(100)

100

(100)

100

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

共通テスト+-テ (募集人員:13)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、数、(理基、理→1)⇒2》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

53%
(106/200)

200

(100)

(100)

 

(100)

 

個別学力試験 試験科目
《英、数ⅢB、物、化⇒1》
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

42.5

200

(200)

(200)

 

(200)

 

 

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

A方式 (募集人員:18)

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#他に最高得点重視型あり
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

47.5

600

200

200

 

200

 

 

M方式 (募集人員:12)

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#合否には高得点2教科を利用
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

45.0

400

200

200

 

200

 

 

                      

応用-バイオ環境化学

1期C方式-テ (募集人員:2)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、国※現、地歴B、公⇒1》《数》《理基、理⇒1》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

55%
(165/300)

300

(100)

100

(100)

100

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

2期C方式-テ (募集人員:1)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、国※現、理基、理、地歴B、公⇒1》《数》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

200

(100)

100

(100)

(100)

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

3期C方式-テ (募集人員:1)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、国※現、地歴B、公⇒1》《数》《理基、理⇒1》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

300

(100)

100

(100)

100

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

共通テスト+-テ (募集人員:8)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、数、(理基、理→1)⇒2》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

45%
(90/200)

200

(100)

(100)

 

(100)

 

個別学力試験 試験科目
《英、数ⅢB、物、化⇒1》
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

40.0

200

(200)

(200)

 

(200)

 

 

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

A方式 (募集人員:10)

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#他に最高得点重視型あり
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

42.5

600

200

200

 

200

 

 

M方式 (募集人員:8)

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#合否には高得点2教科を利用
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

42.5

400

200

200

 

200

 

 

                      

機械-機械工学

1期C方式-テ (募集人員:10)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、国※現、地歴B、公⇒1》《数》《理基、理⇒1》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

60%
(180/300)

300

(100)

100

(100)

100

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

2期C方式-テ (募集人員:4)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、国※現、理基、理、地歴B、公⇒1》《数》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

200

(100)

100

(100)

(100)

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

3期C方式-テ (募集人員:1)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、国※現、地歴B、公⇒1》《数》《理基、理⇒1》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

300

(100)

100

(100)

100

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

共通テスト+-テ (募集人員:22)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、数、(理基、理→1)⇒2》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

52%
(104/200)

200

(100)

(100)

 

(100)

 

個別学力試験 試験科目
《英、数ⅢB、物、化⇒1》
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

42.5

200

(200)

(200)

 

(200)

 

 

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

A方式 (募集人員:39)

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#他に最高得点重視型あり
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

50.0

600

200

200

 

200

 

 

M方式 (募集人員:27)

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#合否には高得点2教科を利用
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

45.0

400

200

200

 

200

 

 

                      

機械-機械創造工学

1期C方式-テ (募集人員:7)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、国※現、地歴B、公⇒1》《数》《理基、理⇒1》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

53%
(159/300)

300

(100)

100

(100)

100

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

2期C方式-テ (募集人員:2)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、国※現、理基、理、地歴B、公⇒1》《数》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

200

(100)

100

(100)

(100)

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

3期C方式-テ (募集人員:1)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、国※現、地歴B、公⇒1》《数》《理基、理⇒1》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

300

(100)

100

(100)

100

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

共通テスト+-テ (募集人員:14)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、数、(理基、理→1)⇒2》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

51%
(102/200)

200

(100)

(100)

 

(100)

 

個別学力試験 試験科目
《英、数ⅢB、物、化⇒1》
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

42.5

200

(200)

(200)

 

(200)

 

 

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

A方式 (募集人員:20)

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#他に最高得点重視型あり
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

47.5

600

200

200

 

200

 

 

M方式 (募集人員:15)

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#合否には高得点2教科を利用
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

45.0

400

200

200

 

200

 

 

                      

社会-土木工学

1期C方式-テ (募集人員:3)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、国※現、地歴B、公⇒1》《数》《理基、理⇒1》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

53%
(159/300)

300

(100)

100

(100)

100

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

2期C方式-テ (募集人員:2)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、国※現、理基、理、地歴B、公⇒1》《数》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

200

(100)

100

(100)

(100)

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

3期C方式-テ (募集人員:1)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、国※現、地歴B、公⇒1》《数》《理基、理⇒1》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

300

(100)

100

(100)

100

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

共通テスト+-テ (募集人員:8)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、数、(理基、理→1)⇒2》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

47%
(94/200)

200

(100)

(100)

 

(100)

 

個別学力試験 試験科目
《英、数ⅢB、物、化⇒1》
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

42.5

200

(200)

(200)

 

(200)

 

 

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

A方式 (募集人員:18)

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#他に最高得点重視型あり
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

45.0

600

200

200

 

200

 

 

M方式 (募集人員:11)

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#合否には高得点2教科を利用
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

45.0

400

200

200

 

200

 

 

                      

社会-都市デザイン

1期C方式-テ (募集人員:1)

<数理必須>

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、国※現、地歴B、公⇒1》《数》《理基、理⇒1》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

51%
(153/300)

300

(100)

100

(100)

100

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

<外必須>

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 【英※L】《数、国※現、(理基、理→1)、地歴B、公⇒2》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

51%
(153/300)

300

100

(100)

(100)

(100)

(100~200)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

2期C方式-テ (募集人員:1)

<数必須>

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、国※現、理基、理、地歴B、公⇒1》《数》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

200

(100)

100

(100)

(100)

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

<外必須>

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 【英※L】《数、国※現、理基、理、地歴B、公⇒1》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

200

100

(100)

(100)

(100)

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

3期C方式-テ (募集人員:1)

<数理必須>

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、国※現、地歴B、公⇒1》《数》《理基、理⇒1》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

300

(100)

100

(100)

100

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

<外必須>

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 【英※L】《数、国※現、(理基、理→1)、地歴B、公⇒2》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

300

100

(100)

(100)

(100)

(100~200)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

共通テスト+-テ (募集人員:4)

<理系>

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、数、(理基、理→1)⇒2》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

52%
(104/200)

200

(100)

(100)

 

(100)

 

個別学力試験 試験科目
《英、数ⅢB、物、化⇒1》
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

40.0

200

(200)

(200)

 

(200)

 

 

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

<文系>

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、(数Ⅰ、数A→1)、国※現、地歴B、公⇒2》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

52%
(104/200)

200

(100)

(100)

(100)

 

(100~200)

個別学力試験 試験科目
《英、数ⅠA、国※現、日B、現社⇒1》
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

40.0

200

(200)

(200)

(200)

 

(200)

 

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

A方式 (募集人員:11)

<理系>

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#他に最高得点重視型あり
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

45.0

600

200

200

 

200

 

 

<文系>

個別学力試験 試験科目
【英】《数ⅠA、国※現、(日B、現社→1)⇒2》#他に最高得点重視型あり
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

45.0

600

200

(200)

(200)

 

(200)

 

M方式 (募集人員:8)

<理系>

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#合否には高得点2教科を利用
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

42.5

400

200

200

 

200

 

 

<文系>

個別学力試験 試験科目
【英】《数ⅠA、国※現、(日B、現社→1)⇒2》#合否には高得点2教科を利用
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

42.5

400

200

(200)

(200)

 

(200)

 

                      

建築-建築学

1期C方式-テ (募集人員:10)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、国※現、地歴B、公⇒1》《数》《理基、理⇒1》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

59%
(177/300)

300

(100)

100

(100)

100

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

2期C方式-テ (募集人員:2)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、国※現、理基、理、地歴B、公⇒1》《数》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

200

(100)

100

(100)

(100)

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

3期C方式-テ (募集人員:1)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、国※現、地歴B、公⇒1》《数》《理基、理⇒1》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

300

(100)

100

(100)

100

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

共通テスト+-テ (募集人員:22)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、数、(理基、理→1)⇒2》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

55%
(110/200)

200

(100)

(100)

 

(100)

 

個別学力試験 試験科目
《英、数ⅢB、物、化⇒1》
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

42.5

200

(200)

(200)

 

(200)

 

 

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

A方式 (募集人員:32)

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#他に最高得点重視型あり
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

47.5

600

200

200

 

200

 

 

M方式 (募集人員:23)

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#合否には高得点2教科を利用
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

45.0

400

200

200

 

200

 

 

                      

建築-住居デザイン

1期C方式-テ (募集人員:5)

<数理必須>

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、国※現、地歴B、公⇒1》《数》《理基、理⇒1》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

58%
(174/300)

300

(100)

100

(100)

100

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

<外必須>

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 【英※L】《数、国※現、(理基、理→1)、地歴B、公⇒2》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

58%
(174/300)

300

100

(100)

(100)

(100)

(100~200)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

2期C方式-テ (募集人員:2)

<数必須>

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、国※現、理基、理、地歴B、公⇒1》《数》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

200

(100)

100

(100)

(100)

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

<外必須>

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 【英※L】《数、国※現、理基、理、地歴B、公⇒1》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

200

100

(100)

(100)

(100)

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

3期C方式-テ (募集人員:1)

<数理必須>

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、国※現、地歴B、公⇒1》《数》《理基、理⇒1》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

300

(100)

100

(100)

100

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

<外必須>

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 【英※L】《数、国※現、(理基、理→1)、地歴B、公⇒2》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

300

100

(100)

(100)

(100)

(100~200)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

共通テスト+-テ (募集人員:13)

<理系>

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、数、(理基、理→1)⇒2》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

59%
(118/200)

200

(100)

(100)

 

(100)

 

個別学力試験 試験科目
《英、数ⅢB、物、化⇒1》
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

42.5

200

(200)

(200)

 

(200)

 

 

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

<文系>

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、(数Ⅰ、数A→1)、国※現、地歴B、公⇒2》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

59%
(118/200)

200

(100)

(100)

(100)

 

(100~200)

個別学力試験 試験科目
《英、数ⅠA、国※現、日B、現社⇒1》
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

42.5

200

(200)

(200)

(200)

 

(200)

 

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

A方式 (募集人員:18)

<理系>

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#他に最高得点重視型あり
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

50.0

600

200

200

 

200

 

 

<文系>

個別学力試験 試験科目
【英】《数ⅠA、国※現、(日B、現社→1)⇒2》#他に最高得点重視型あり
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

50.0

600

200

(200)

(200)

 

(200)

 

M方式 (募集人員:13)

<理系>

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#合否には高得点2教科を利用
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

47.5

400

200

200

 

200

 

 

<文系>

個別学力試験 試験科目
【英】《数ⅠA、国※現、(日B、現社→1)⇒2》#合否には高得点2教科を利用
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

47.5

400

200

(200)

(200)

 

(200)

 

                      
情報科学部
コンピュータシステム専攻 メディア情報専攻

コンピュータシステム専攻

1期C方式-テ (募集人員:9)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、国※現、(理基、理→1)、地歴B、公⇒2》《数》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

74%
(222/300)

300

(100)

100

(100)

(100)

(100~200)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

2期C方式-テ (募集人員:2)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、国※現、理基、理、地歴B、公⇒1》《数》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

200

(100)

100

(100)

(100)

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

3期C方式-テ (募集人員:1)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、国※現、(理基、理→1)、地歴B、公⇒2》《数》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

300

(100)

100

(100)

(100)

(100~200)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

共通テスト+-テ (募集人員:18)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、数、(理基、理→1)⇒2》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

70%
(140/200)

200

(100)

(100)

 

(100)

 

個別学力試験 試験科目
《英、数ⅢB、物、化⇒1》
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

50.0

200

(200)

(200)

 

(200)

 

 

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

A方式 (募集人員:30)

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#他に最高得点重視型あり
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

50.0

600

200

200

 

200

 

 

M方式 (募集人員:21)

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#合否には高得点2教科を利用
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

50.0

400

200

200

 

200

 

 

                      

メディア情報専攻

1期C方式-テ (募集人員:4)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、数、国※現、(理基、理→1)、(地歴B、公→2)⇒3》#英か数を含むこと#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

72%
(216/300)

300

(100)

(100)

(100)

(100)

(100~200)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

2期C方式-テ (募集人員:2)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、数、国※現、(理基、理→1)、(地歴B、公→1)⇒2》#英か数を含むこと#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

200

(100)

(100)

(100)

(100)

(100)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

3期C方式-テ (募集人員:1)

共通テスト 教科・科目数 試験科目
3-3 《英※L、数、国※現、(理基、理→1)、(地歴B、公→2)⇒3》#英か数を含むこと#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公


(-/-)

300

(100)

(100)

(100)

(100)

(100~200)

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

共通テスト+-テ (募集人員:11)

<理系>

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、数、(理基、理→1)⇒2》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

72%
(144/200)

200

(100)

(100)

 

(100)

 

個別学力試験 試験科目
《英、数ⅢB、物、化⇒1》
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

50.0

200

(200)

(200)

 

(200)

 

 

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

<文系>

共通テスト 教科・科目数 試験科目
2-2 《英※L、(数Ⅰ、数A→1)、国※現、地歴B、公⇒2》#英の配点はR:L=4:1
ボーダー得点率
(得点/満点)
総点 地公

72%
(144/200)

200

(100)

(100)

(100)

 

(100~200)

個別学力試験 試験科目
《英、数ⅠA、国※現、日B、現社⇒1》
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

50.0

200

(200)

(200)

(200)

 

(200)

 

※大学が配点非公表の場合、河合塾推定の配点(満点)によってボーダーを設定しています。

A方式 (募集人員:20)

<理系>

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#他に最高得点重視型あり
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

52.5

600

200

200

 

200

 

 

<文系>

個別学力試験 試験科目
【英】《数ⅠA、国※現、(日B、現社→1)⇒2》#他に最高得点重視型あり
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

52.5

600

200

(200)

(200)

 

(200)

 

M方式 (募集人員:13)

<理系>

個別学力試験 試験科目
【英、数ⅢB】《物、化⇒1》#合否には高得点2教科を利用
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

55.0

400

200

200

 

200

 

 

<文系>

個別学力試験 試験科目
【英】《数ⅠA、国※現、(日B、現社→1)⇒2》#合否には高得点2教科を利用
ボーダー
偏差値
総点 地公 英資 その他

55.0

400

200

(200)

(200)

 

(200)

 

                      

ページの先頭へ

入試問い合わせ先

  • 【担当部署】
    入試センター 入試広報課
    【電話番号】
    0120-188-651
    【所在地】
    愛知県豊田市八草町八千草1247
  • 愛知工業大学資料請求

デジタルパンフレット

(*「テレメール進学サイト」が提供している画面へ遷移します)

閉じる

一緒に見られた大学