河合塾グループ 河合塾
  1. 大学検索トップ
  2. 法政大学
  3. 大学からのお知らせ
  4. ゼミ研究室紹介
ほうせい

法政大学

  • 大学HP

ゼミ研究室紹介

※掲載している内容は、2017年6月時点の情報です。現在は内容が変更されている場合があります。

デザイン工学部
システムデザイン学科 インタフェースデザイン研究室

人間中心設計をテーマに次世代のインタフェースを模索する

Profile デザイン工学部 土屋 雅人 教授

千葉大学大学院博士課程修了(工学博士)。電機メーカーで産業用ロボットや工作機械、監視制御システム、携帯電話、カーナビ等の工業デザインを経て、2009 年より現職。インタフェースデザイン、情報デザインが専門。

誰もが直感的に使える次世代インタフェース

土屋雅人先生が率いるインタフェースデザイン研究室では、次世代のインタフェースの創造・開発に取り組んでいる。

「人と環境にやさしいものづくりを念頭において、人間中心設計をテーマに、インタフェースの在り方を考えています。現在、スマートフォンなどのパーソナルツールだけでなく、街なかには各種ATM など多種多用なデジタル端末があふれています。多機能化するに伴って操作方法も複雑になり、使いこなすためには相当なスキルが必要なものも少なくないですよね。これはユーザーにとっては大きな負担です。そこで誰もが直感的、直接的に使える次世代のインタフェース開発を試みているのです」と土屋先生。

現在、研究室で進められている研究テーマには、“デジタルサイネージ(電子広告)”、“親子のコミュニケーション支援ツール”、“アウトドア活動支援ツール”、“防災システム”の4 つの柱がある。また、それと連動して、斬新なインタフェースを取り入れたデバイスの開発なども進んでいる。

「普段、何気なく身の回りで使っているものが、思わぬ形で“入力デバイス”に使えるんじゃないかと研究しています。おもしろい例を挙げると、例えば紙です。ある場所に情報の入った紙を置くだけで、情報が投影される。さらに端を折り曲げるなど紙に何らかのアクションを加えると、それに伴って開示される情報が変わります。この紙を使ったインタフェースの最大の特徴は、そこにはキーボードもマウスもなく、直感的に使うことができるところにあります。アナログな紙とデジタルデバイスを組み合わせることで、新しい使い方が生まれたというわけです」

このほかにも、影やジェスチャーといった、思わぬものをインタフェースデバイスに取り入れた研究を進めているという。

「こういったインタフェースの開発には、ユーザビリティ(操作性)や受容性の評価が必要です。本当にニーズに合っているのか、操作ミスは起こらないのか、人が受け入れられるシステムなのかといった部分を精査して、評価をくだすことが大切です」

実世界の体験のなかから研究テーマが生まれる


ゼミ生が手がけた次世代インタフェースや
新しい入力デバイスを、多方面から検証する

「私たちの研究は、実世界のなかで役立つインタフェースを創造することです。そのためには、バーチャルな情報だけではダメなんですよ。リアルな世界での体験が絶対に必要で、そこから得られるものは非常に大きいですね」と話す土屋先生。研究室でも、実体験を積むことを重視している。

例えば年に2 回、登山やハイキング、スキー、ラフティングなどを体験するアウトドア合宿を行っている。現在の研究テーマのひとつである“アウトドア活動支援ツール”の開発は、その活動から生まれたものだ。また、2011 年の震災の経験から“防災システム”がクローズアップされたほか、“親子のコミュニケーション支援ツール”は、保育現場の声から様々なアイデアが生まれている。どれも実世界での体験のなかから、問題点やニーズを見つけ出した 結果、研究テーマとして動き出したものだという。

「今後の社会で求められるのは、価値提案力を備えた人材。自分から現場に飛び込んで行って、問題点を見つけ出し、新しい価値を提案することで問題を解決へ導いていく人です。それには好奇心と想像力が大切ですね。また、発信力も求められますが、それには様々な事象をキャッチして取り入れる“受信力”を養うことが重要になります。そのうえで、自分なりのデザイン思想をつくり上げていく。大学生活の4 年間は、そういう力を磨く期間であってほしいですね」

ページの先頭へ

このページに関するお問い合わせ

大学・部署名 法政大学 入試課
Tel 03-3264-9300

入試問い合わせ先

  • 【担当部署】
    入学センター
    【電話番号】
    03-3264-9300
    【所在地】
    東京都千代田区富士見2-17-1
  • 法政大学資料請求

デジタルパンフレット

(*「テレメール進学サイト」が提供している画面へ遷移します)

閉じる