私立

津田塾大学

出願は女子に限る

奨学金制度

※2019年度実施情報

以下の内容は、株式会社旺文社の作成データです。
最新の情報は、下記「お問い合わせ先」に確認してください。

お問い合わせ先
学生生活課
TEL(042)342-5132
  • (注)★の表示があるものは問合せ先が異なる。
奨学金名 給付 梅子スカラシップ(学業)
給付額 10万円を上限とする
給付期間 1か年
他制度併用の可・不可
対象学年の制限 2年生以上
採用人員 20名程度
採用条件 人物・成績ともに優れた学生
選考方法 各学科から推薦された学生を対象に、学生委員会で決定
詳細を非表示詳細を表示
奨学金名 給付 Atsuko Onda Craft & Yasuko Onda Chikada Scholarship
給付額 年額100万円
給付期間 1か年
他制度併用の可・不可
対象学年の制限 なし
応募条件 成績優秀でありながら、経済的理由により修学困難な者
申込時期 4月~6月(予定)
採用人員 3名以内
詳細を非表示詳細を表示
奨学金名 給付 課外活動奨励金
給付額 活動実績成果等により異なる
給付期間 1か年
他制度併用の可・不可
対象学年の制限 なし
応募条件 文化・体育活動、国際交流活動、社会貢献活動、創作活動、調査研究活動等で「顕著な実績」をあげたと認められる個人または団体
申込時期および方法 4月~5月中旬。必要書類を提出の上、学生委員会で面接を行い、決定
採用人員 若干名
詳細を非表示詳細を表示
奨学金名 貸与 津田カレッジローンA
貸与額 授業料相当額の範囲内(無利子)
貸与期間 1か年(1回に限り再出願可)
他制度併用の可・不可 梅子スカラシップとの併用は可
対象学年の制限 なし
応募条件 日本学生支援機構奨学金選考と津田塾大学推薦ローン選考にもれた者で学業優秀ながら、経済的理由により、修学が困難な者
申込時期および方法 4月に説明会を行い出願書類を配布。学生生活課の定める期日までに申込む
採用人員 30名程度
返還の方法 卒業した年の12月から返還を開始。卒業後8年以内に返還
詳細を非表示詳細を表示
奨学金名 貸与 津田カレッジローンB
貸与額 年額30万円(無利子)
貸与期間 1か年(1回に限り再出願可)
対象学年の制限 なし
申込時期および方法 4月に説明会を行い出願書類を配布。学生生活課の定める期日までに申込む
採用人員 若干名
採用条件 日本学生支援機構奨学金選考と津田塾大学推薦ローン選考にもれた者で経済的理由により修学が困難な者
返還の方法 卒業した年の12月から返還を開始。卒業後8年以内に返還
詳細を非表示詳細を表示
奨学金名 給付 津田塾大学海外留学(派遣)奨学金
給付額 年額50万円を上限とする
給付期間 採用時一括給付
他制度併用の可・不可 5万円以上の留学奨学金との併用は不可
対象学年の制限 2~4年生
応募条件 海外の大学に1学年間以上留学しようとする者(語学研修の場合は応募できない)
申込時期および方法 年に2回(前期と後期に各1回ずつ)、国際センターに出願書類を提出。書類選考により採用を決定する
採用人員 前・後期各10名~20名程度
詳細を非表示詳細を表示
奨学金名 給付 緊急時対応奨学金
給付額 40万円(うち20万円は貸与)
給付期間 半期
他制度併用の可・不可
対象学年の制限 なし
応募条件 修学の意思がありながら、家計急変によって学費の納入が困難になった学生を対象とする。卒業を前提条件とするものであり退学または除籍となった場合には、全額貸与奨学金となり、返還の義務が生ずる。
申込時期および方法 状況に応じて随時。学生生活課へ願書を提出、審査により決定
採用人員 若干名
返還の方法 貸与分は卒業後2年以内に返還
詳細を非表示詳細を表示
奨学金名 貸与 津田塾大学開発途上国奨学金
貸与額 20万円
貸与回数 採用時1回
他制度併用の可・不可
応募条件 本学学部生(大学院生含む)で、選考後1年以内に活動・研究・プロジェクトを実現できる計画がある者
申込時期および方法 5月。国際センターへ提出
採用人員 1名
返還の方法 帰国年度の翌年より返還を開始し、原則として年額5万円を4年間で返還する
詳細を非表示詳細を表示
奨学金名 給付 津田塾大学海外活動奨励金
給付額 8万円を上限とする
給付回数 活動終了後1回
他制度併用の可・不可 不可
対象学年の制限 なし(4年生は前期のみ。1年生優先枠あり)
応募条件 第2タームおよび長期休暇期間中に海外でインターンシップ、ボランティア、フィールドワーク等を行う者
申込時期および方法 4月~5月、10月~11月。国際センターに出願書類を提出、審査により決定
採用人員 40名程度
詳細を非表示詳細を表示
奨学金名 給付 津田塾大学海外語学研修奨学金
給付額 8万円を上限とする
給付回数 活動終了後1回
他制度併用の可・不可 不可
対象学年の制限 なし(4年生は前期のみ。1年生優先枠あり)
応募条件 第2タームおよび長期休暇期間中に海外の語学研修機関で対象となる7言語(英・仏・独・西・露・中・韓)の語学研修を所定時間以上行う者
申込時期および方法 4月~5月、10月~11月。国際センターに出願書類を提出、審査により決定
採用人員 40名程度
詳細を非表示詳細を表示