私立

國學院大学

学部学科情報

※今年度(2021年4月入学)情報を掲載中

文学部

日本文学科

日本文学科では、学問の伝統を踏まえつつ、古代から現代に至る広範囲の文学・言語・風俗習慣・儀礼などの研究を通して、日本文化を総合的・体系的に理解することを目的とした学びを展開するとともに、今に生きる私達にとっての創造への指針たることをもめざしています。2年次より「日本文学専攻」「日本語学専攻」「伝承文学専攻」の3つの専攻を設置。また、書の世界を実践的に学び研究することを目標に、書道関連の講座を多く開設。書道を専門とする教員スタッフによる講義や実技指導を展開しています。3つのどの専攻に進んでも書道科目の履修、及び書道の教員免許の取得が可能となっています。

中国文学科

中国文学科では、「中国文学を中心に、関連する諸領域の学習を通して、専門的教養に支えられた根源的視点と創造的思考力を養い、広く国際社会に貢献できる人材を育成する」という考え方に基づき、「古典読解力の養成・中国語運用能力の養成・漢字情報処理能力の養成」の3つの基幹と、「文学研究プログラム」「中国語教養プログラム」「中国民族文化プログラム」「人文総合プログラム」の4つのプログラムを組んでいます。「中国学(Sinology・漢学)」と呼ばれる幅広い学問を視野にした学びを展開します。

外国語文化学科

国際化の流れに対応し異文化コミュニケーションを主体的に実践できる人材育成をめざします。 言語と文化を融合した多彩なカリキュラムが用意されており、「外国語コミュニケーションコース」・「外国文化コース」の2コースを設置。外国語能力に裏打ちされた文化知識・能力を養います。少人数教育を基盤としており、教員と学生の意思疎通を図ることができる教育体制を整えています。

史学科

史学科の学びは「自ら創り出す歴史」です。歴史を読み解く方法を探究し、現代社会の課題を解決する力を養います。2年次の前期履修登録時に「プログラム」を選択。「S-プログラム(Standard Career Program)」と「P-プログラム(Professional Career Program)」の二つがあり、キャリアプランに合わせて学生自身が選択するカリキュラム群となっています。 「日本史学コース」「外国史学コース」「考古学コース」「地域文化と景観コース」の4つのコースを3年次の前期履修登録時にて選択し、より専門的な学びを展開します。

哲学科

哲学科は、「愛知の営み」の場として西洋哲学思想の研究を中心としながら、インド、中国、日本の思想、さらに美と芸術の理論的考察についても学ぶ幅広い学科です。学生の知的好奇心の多様性に応えられるよう、それぞれの分野の専門家たちが豊富なカリキュラムを展開しています。また、哲学科では、学生の履修選択のための大枠として、「哲学・倫理学コース」「美学・芸術学コース」の2つのコースにて構成。3年次からいずれかのコースを選択します。

國學院大學文学部のサイトへ

ページの先頭へ

神道文化学部

神道文化学科

神道文化学部では学業と生活の両立がしやすいよう「昼夜開講制(フレックス制)」を展開。学生は時間を有効に使いながら、幅広く、意欲的に神道文化を学ぶことができます。「神道文化コース」「宗教文化コース」の2つのコースを設けており、神道を中心に、国内外の宗教や文化を学ぶことができます。
また、教育として日本文化を「体得」できる機会として、学ぶ意識や体得の基本的姿勢を作るための「アイスブレイク」、いにしえの心を今に伝える「観月祭」「成人加冠式」などを行っています。この他、学内外の団体との連携企画など積極的に学外・地域と連携し、学びの場を設けています。

國學院大學神道文化学部のサイトへ

ページの先頭へ

法学部

法律学科

法律専攻
六法の基本を学んだ上で、関心をもった1分野を深く学べる「法律学の基本と応用コース」、 法、政治または社会の現状を把握し、分析し、社会にある問題を発見・解決する能力を養う「政治と法の基礎コース」の 2コースを設置。法律や政治を学びながら、または一定程度学んだ上で将来の方向を見つけようとする人に対応した専攻です。
法律専門職専攻
法律専門職専攻では、将来、法律関係の専門職(裁判官・検察官・弁護士、国家公務員I 種など)に就くことを目標とした学生のために、早い段階で法律学の基礎を徹底して学び、基礎から応用へと学年ごとに積み上げ式で勉強できるカリキュラムを展開しています。
政治専攻
政治専攻では、単なる政治に対する不平や不満から一歩踏み出し、政治をより正確に理解し、よりよい方向に変えていこうとする人材を育成します。 政治に対して強い関心があり、将来政治に関係する仕事につきたいと考えている人に向けた「分析と応用コース」、政治のことをより深く理解し、民間企業への就職や教員免許の取得をめざす「理論と歴史コース」の2つのコースを設けています。

國學院大學法学部のサイトへ

ページの先頭へ

経済学部

経済学科

経済理論とデータ分析の手法を習得し、さまざまな領域の課題の解明と解決を目指す「経済理論とデータ分析コース」、世界の諸地域や日本の経済の歩みを学修し、現代の諸問題の本質と今後の日本経済の在り方を展望する「経済史コース」、日本や世界と結びついた各地域の経済の構造と実態を分析し、地元の魅力とは何かを追求する「地域経済コース」、グローバル化の進展する日本経済が抱える問題を財政・金融・労働などの分野から整理し、多角的に分析する「日本経済コース」、国際経済に関する専門的な知識を学ぶ「グローバル経済コース」の5コースから成っています。

経営学科

経済学と会計学の専門基礎力を備え、企業をはじめとするさまざまな組織の中で、課題の発見と解決にリーダーシップを発揮できる、自立した教養人を育成することを目的とし、実践力、創造力、分析力を鍛錬します。
「ビジネスリーダーコース」、「ビジネスクリエイターコース」、「ビジネスアナリストコース」の三つのコースを設置しています。

國學院大學経済学部のサイトへ

ページの先頭へ

人間開発学部

初等教育学科

建学の精神に基づく伝統文化教育を基盤とし、人間科学を中心とする学際的・実践的学問を展開。 論理的科学的思考力、自己表現力、知識・技能の活用力、課題解決探求能力といった中核能力(コア・コンピテンシー)と、これらを生きる力へと統合する人間力を養い、社会の諸分野において、人間の持つ資質・能力を最大限に開発することのできる創造性豊かな人材を育成します。

健康体育学科

健康体育学科では、多様な生活スタイルにおけるさまざまな人たちの健康・競技生活を支える指導者を育成します。科学的根拠に基づいたスポーツ指導を学ぶ「スポーツコーチング」、スポーツを通して行政や地域とのかかわりを学ぶ「スポーツマネジメント」、健康の保持・増進のための運動・スポーツを学ぶ「ヘルスプロモーション」、武道などの伝統文化や神道文化を学ぶ「伝統と身体文化」、生徒の理解と成長を促す教育の理論と方法を学ぶ「学校教育」の展開科目類により、専門的な教育科目を展開しています。

子ども支援学科

幼児教育・保育の現場や地域社会と連携し、実践的な指導を通じ、地域の子育てをリードする人材の育成をめざします。
教育・保育の知識はもちろん、子どもの成長に関する医学・心理学的知識や、保護者に対するカウンセリング技術など幅広い能力を身に付けるため、1年次から講義、演習、実習を段階的に積み重ねます。

國學院大學人間開発学部のサイトへ

ページの先頭へ

観光学部(設置認可申請中)

観光まちづくり学科 (設置認可申請中)

観光学部では、観光を基軸に持続可能な「まちづくり」を考え、地域に貢献できる力を理論と実践の両面から養います。まちづくり論、 観光資源論、データサイエンスなどの授業を展開し、見識を広め、地域の多面的な見方への理解を深めます。3年次には専門的知識・理論の習得と具体的なフィールドを対象とした実践の両立を図り、4年次には自らの興味・関心に応じてテーマや対象地域を設定し、卒業研究を昇華させます。

國學院大學観光学部のサイトへ

ページの先頭へ

このページに関するお問い合わせ

大学・部署名 國學院大学 入学課
Tel 03-5466-0141
E-mail exam@kokugakuin.ac.jp