私立

武蔵大学

学部学科情報

※今年度(2022年4月入学)情報を掲載中

経済学部

注目ポイント

経済、経営、金融の各分野の専門知識を習得しながら、「自ら考える力」を育成します。 所属学科にとらわれずにコースやゼミを選択できるカリキュラムにより、学科の垣根を越えた学びが可能です。入学後に芽生えた興味にも対応でき、真に学びたいことを学べます。

経済学科

理論と実証、歴史をバランスよく学び、私たちが置かれている世界経済を理解するために必要な基礎知識を身につけます。また、世界各地域の動向をとらえながら、国際貿易や金融、多国籍企業の理論と実際を体系的に学び、国際社会で通用する人材を育成。英語力向上や留学希望者に向けた科目群も充実しています。「国際経済・経営」「経済学と現代経済」の2コースを設置。

経営学科

経営学の理論を体系的に学びながら、事例研究やビジネス・プランの提案などを行い、企業経営の実践力を養います。経営戦略や会計学、マーケティングなど、幅広い分野の学習を通じて、多方面で活躍できる人材の育成に力を入れています。企業からの要請が強い会計やIT(情報技術)の専門知識を習得することもできます。「ビジネス」「ビジネスデザイン」「企業会計」の3コースを設置。

金融学科

私立大学で最も長い歴史を持つ金融学科で、金融のしくみ、金利や株価の決定といった金融の基礎から、新しい金融商品を作り出す金融工学の分野まで幅広く学びます。1年次の前期には、同学教授陣が執筆したテキストを使用し、金融の基礎を半年間でしっかりと身につけます。また、金融学科の科目を幅広く履修することで、証券アナリスト第1次レベル試験に合格する実力に達します。「金融」「証券アナリスト」の2コースを設置。

武蔵大学経済学部のサイトへ

ページの先頭へ

人文学部

注目ポイント

言語・文学・歴史・民俗・思想・芸術・社会など、幅広い分野の学びを通じて異文化に対する理解力・共感力・連帯力を身につけます。現地で文化と言語を学ぶ留学も奨励しています。

英語英米文化学科

4技能の向上を目的とした英語クラス、英語によるプレゼンテーションの基礎を学ぶ授業、テーマ別の実習クラスなど系統的かつ多様なカリキュラムを通して、実践的な英語運用能力を身につけます。また、英語圏の社会や文化を幅広く学び、グローバル社会におけるコミュニケーションの質を高めていきます。「英語・英語教育コース」「文学・芸術・メディアコース」「歴史・社会・思想コース」を設置。

ヨーロッパ文化学科

フランスやドイツを中心に、広くヨーロッパ世界の文化と現象を、現代の情勢も視野に入れながら学びます。ドイツ語もしくはフランス語を第一外国語とし、語学力の向上を図るのはもちろん、文学・歴史・思想・芸術・生活文化など多彩な授業を展開しています。「言語と文学コース」「芸術と生活コース」「歴史と思想コース」「環境と社会コース」を設置。

日本・東アジア文化学科

日本文化および東アジア諸国の文化を歴史や思想、芸術、文学などさまざまな分野から多角的に学びます。<ことば・文学・思想><芸術・身体・環境><歴史・民俗・宗教>の3つの分野に、方法論と地域研究を組み合わせた授業を展開。少人数のゼミで、自らが掲げたテーマについて知識を深めていきます。「日本文化コース」「東アジア文化コース」「比較・交流文化コース」を設置。

武蔵大学人文学部のサイトへ

ページの先頭へ

社会学部

注目ポイント

社会のさまざまな課題に向き合い、問題意識を持って調べ、分析していきます。そして、調査結果や自分の見解を、メディアを通して発信するスキルを身につけます。また、「社会調査士」の育成にも力を注いでいます。「グローバル・データサイエンスコース」(GDS)は、新しい時代の世界共通語である「データ」と「英語」両方をしっかりと身につけるコースです。

社会学科

社会学の理論とデータの収集法や分析法を学ぶとともに、物事を多角的にとらえる視野・思考を育てます。幅広く用意された社会学のジャンルから、問題意識や関心に応じて科目選択ができる自由度の高さが特長です。世の中に対して何となく疑問に感じたことを解き明かし、自分なりの考えを論理的な言葉や文章にする力を磨きます。「社会問題とエンパワーメントコース」「文化とアイデンティティコース」「国際社会とネットワークコース」「グローバル・データサイエンスコース」を設置。

メディア社会学科

メディアを社会学的に学ぶには、そのメカニズムや情報発信の現場を知ることが必要です。同学科では、メディアの理論や調査方法を学び、メディアについて研究します。アンケートなどの調査をもとに、問題の発見や解決のための調査レポートやドキュメンタリーを制作する体験を通じ、現代社会が抱える問題について考え、メディアを活用する力を育てていきます。「メディアコミュニケーションコース」「パブリックコミュニケーションコース」「メディアプロデュースコース」「グローバル・データサイエンスコース」を設置。

武蔵大学社会学部のサイトへ

ページの先頭へ

国際教養学部(2022年4月設置届出中)

注目ポイント

〈グローバルリーダー〉の育成というビジョンのもと設置する本学部では、日本国内において世界水準の学びを実現するため、海外大学での学位取得者をはじめ、国内外から多様な専門分野に精通した教員が集い、徹底した少人数教育を行います。
授業は英語で行われる科目を中心に構成され、実践的で高度な英語運用能力が身につきます。また、それらの授業の履修を可能にするため各専攻では英語力向上を目的とした集中的なカリキュラムも準備します。

国際教養学科経済経営学専攻

本学の学位と並行して、ロンドン大学の経済経営学士号の取得をめざす「パラレル・ディグリー・プログラム(PDP)」を軸に据え、少人数での質の高い授業を展開します。日本にいながら、世界水準の経済・経営学の知見を身につけることはもとより、高い英語力と教養、統計分析の手法を兼ね備え、グローバルに活躍できる人材を育成します。

国際教養学科グローバルスタディーズ専攻

国境を越えて人や情報が行き交う現代、世界は従来の枠組みでは解決困難な課題に直面しています。これらを見据え、本専攻では高度な語学力を養うとともに、国際関係、コミュニケーション、文化の側面から学際的に学びを深めます。さらに留学や異文化体験を通して、地球規模の課題と向き合うグローバルリーダーを育成します。

武蔵大学国際教養学部のサイトへ

ページの先頭へ

このページに関するお問い合わせ

大学・部署名 武蔵大学 入試課
Tel 03-5984-3715