国立

東京外国語大学

大学トップ

設置学部・学科一覧

  • 言語文化学部

    英語、 ドイツ語、 ポーランド語・チェコ語、 フランス語、 イタリア語、 スペイン語、 ポルトガル語、 ロシア語、 モンゴル語・ロシア語及びウズベク語、 中国語、 朝鮮語、 インドネシア・マレーシア・フィリピン語、 タイラオスベトナムカンボジアビルマ語、 ウルドゥー語・ヒンディー語・ベンガル語、 アラビア語・ペルシア語・トルコ語

  • 国際社会学部

    北西ヨーロッパ/北アメリカ、 中央ヨーロッパ、 西南ヨーロッパ、 イベリア/ラテンアメリカ、 ロシア、 中央アジア、 東アジア、 東南アジア第1、 東南アジア第2、 南アジア、 中東、 アフリカ、 オセアニア

  • 国際日本学部

    国際日本学科

  • キャンパス

    府中キャンパス

    府中市朝日町3-11-1

    沿革

    1873年11月

    東京外国語学校(官立)を開校、5学科(英・仏・独・露・清語)を設置

    1874年12月

    英語学科が東京英語学校設置に伴い同校に移行し、4学科(仏・独・露・清語)となる

    1880年3月

    朝鮮語学科を設置

    1885年8月

    仏・独語学科が東京大学予備門に移行し、3学科(露・清・朝鮮語)となる

    1885年9月

    東京外国語学校及び同校所属高等商業学校と東京商業学校が東京商業学校として合併

    1897年4月

    高等商業学校に附属外国語学校を附設

    7学科(英語・仏語・独語・露語・西語・清語・韓語)を設置、修業年限3年

    1899年4月

    高等商業学校附属外国語学校を東京外国語学校に改称し、

    文部省管轄3官立専門学校の一つとして独立

    伊語学科を設置し、8学科となる

    1911年1月

    新たに5学科(蒙古語、暹羅語、馬来語、ヒンドスタニー語、タミル語)を設置し、13学科となる

    韓語学科を朝鮮語学科に改称

    1913年9月

    清語学科を支那語学科に改称

    1916年1月

    葡語学科を設置し、14学科となる

    1919年9月

    各学科の名称を部に改正し、各部を文科、貿易科、拓殖科に分ける

    1921年4月

    麹町区元衛町一番地の新校舎に移転

    1927年3月

    朝鮮語部廃止により13語部となる、修業年限4年に改正

    1941年5月

    暹羅語部を泰語部に改称、暹羅語を泰語に改称

    1944年4月

    東京外事専門学校に改称、修業年限3年に改正

    第一部9科(支那、蒙古、タイ、マライ、インド、ビルマ、フィリピン、イスパニヤ、ポルトガル)

    第二部5科(ドイツ、フランス、ロシヤ、イタリヤ、英米)を設置

    1944年5月

    麹町区竹平町一番地から書庫を除き滝野川区西ヶ原町の新築校舎に移転

    1946年7月

    支那科を中国科に、タイ科をシャム科に改正し、支那語を中国語に、タイ語をシャム語に改称

    1946年8月

    マライ科をインドネシヤ科に、フイリピン科をフイリッピン科に改称

    1949年5月

    国立学校設置法の施行により東京外国語大学となる(東京外事専門学校を包括)、修業年限4年

    1949年6月

    12学科を設置(英米、フランス、ドイツ、ロシヤ、イタリヤ、イスパニヤ、ポルトガル、中国、蒙古、

    インド、インドネシヤ、シャム)

    1951年3月

    東京外事専門学校を廃止

    1961年4月

    学科を科に改称

    スペイン科、ポルトガル・ブラジル科、モンゴル科、インド・パーキスターン科、タイ科に改称、アラビア科

    1964年4月

    科を語学科に改称、タイ科をインドシナ語学科に改称

    1968年4月

    特設日本語学科を設置

    1977年4月

    朝鮮語学科を設置

    1980年4月

    ペルシア語学科を設置

    1984年4月

    インドネシア語学科をインドネシア・マレーシア語学科に改称

    1985年4月

    特設日本語学科を日本語学科に改組

    1991年4月

    ロシヤ語学科をロシヤ・東欧語学科に改組

    1992年4月

    インドネシア・マレーシア語学科とインドシナ語学科を東南アジア語学科に改組

    1993年4月

    アラビア語学科とペルシア語学科を中東語学科に改組

    1995年4月

    外国語学部を7課程

    (欧米第一、欧米第二、ロシア・東欧、東アジア、東南アジア、南・西アジア、日本)

    3大講座(言語・情報、総合文化、地域・国際)に改組

    2000年8月

    府中新キャンパスに移転

    2004年4月

    国立大学法人法に基づき、国立大学法人東京外国語大学となる

    2012年4月

    外国語学部を改編し、言語文化学部、国際社会学部を設置

    2019年4月

    国際日本学部を設置